猫ちゃんへのマイクロチップ装着はもうお済ですか?

 

 

こんにちは、たち(舘)登志子です

猫ちゃんのマイクロチップのお話です。

 

マイクロチップってなあに?

 

動物の体内に埋め込みます。

小くて細いカプセル状になっています。

それぞれのチップに15桁の数字が記録されていて、それを専用のリーダーで読み取ると、登録された飼い主さんの名前や住所等がわかるようになっています。

本当に小さな小さなもので、もちろん、動物の体に影響にないように作られています。

 

マイクロチップを装着していると

 

迷子になった時に飼い主の元に戻ってこれる確率がぐんと高くなります。
 ・災害時、おびえて家にかえってこれなくなる子
 ・ちょっとはめをはずして遠くにいってしまったり、トラックの荷台につまれて知らないところにつれていかれたり(これはうちの実家の猫が一度やらかしました。保護されて戻ってこれたのでなによりでしたが)

 

熊本の地震のときに、犬は飼い主さんの元にほぼほぼ戻れたらしいのですが、猫ちゃんが戻ってこれた率は低かったそうです

 

ただ、このマイクロチップは動き回るタイプの個体だと、体のなかで移動して、おもいもがけないところに装着されているケースもあったそうです。

 

また、装着するのにも安くはありません。

海老名市では、マイクロチップ装着の費用の一部を補助しています。

 

我が家のねこちゃん 

 

妹猫の「すもも」

姉猫の「ねもあ」