こんばんは。

ワクチン接種後の副反応、私は接種後8週を過ぎてようやく綺麗に完治しましたが、

まだまだ苦しんでいる方がたくさんおられると思います。3回目接種は12月からと政府も言っているようですので、また副反応被害が出ること必須ですが、私は受けませんので。

 

また、ワクチン拒否とかコロナはただの風邪と言っている人たちも一部おられるようですが、私はまったくそれには同意できず、コロナはわからないウイルスだからこそ警戒しないとならないですし、感染者がいっきに減った今も変わらず警戒心たっぷりで日常を過ごしています。そして、ワクチンに代わる防衛策が早く確立できるように祈っています。

 

健康をキープしながら、毎日を元気に過ごせるように。あともうちょい頑張って過ごしましょう。

というわけで、副反応に特化したBlogではなく、タチナオルクリニック、また別のテーマで書きたいと思います。

本日よりYouTubeチャンネル開設しました。🐥
登録、いいね!よろしくお願いします。
副反応はほぼ終息したので、
またタチナオルクリニック、ワクチン副反応以外のテーマで綴ろうかと。

そもそもYouTubeもblogもワクチン副反応については掲載不可ということで。

いろんな人がいるもので、いい加減なことを言ってコロナ禍マウントするような人もいるのです。

でも医者でもわからないことだらけの今。
副反応の実体験は語れても、だから他の症状について断定などできません。

コロナは世界を震撼させる疫病で、それが風邪同様とも思いません。

わからないからこそ引き続き警戒して過ごします。


きょうから10月。台風が近づいて朝から雨模様です。まだ半袖で過ごせる気候。

 

8月6日にファイザーのワクチン接種後、肌に出た副反応は薄紙を剥がすごとく少しずつ回復。ほとんど発疹は消えて、まだ跡と瘡蓋がじゃっかん残ってます。

 

しかし接種後、8週間を経つので抗体はほとんどなくなっているのでは?

 

何にこんなに反応していたのかは、いまだに謎です。私の接種が割と早かったせいか、9月になってから肌に同じような副反応が出た人がどっと増えたみたいで、ドラッグストアにかゆみ止めの軟膏クリームを買う人もたくさんいたらしく。

 

まあ、市販の痒み止め軟膏で治まる程度の痒みなら一過性の発熱同様仕方ないと思うけど、この長ったらしいアレルギー反応!しつこい痒み!は、やっぱり薬疹独特の何かアレルギー反応だと感じています。

 

左に打ったせいか、特に左の二の腕、脛に残った。血流と関係あるのかな?

 

そしてアロマの原液も効果を発揮し、今月終わる頃にはもういい加減、何事もなかったようになってますように。


ともあれ再び健康体に戻り、よかったよかった。

 

 


9月も最終週となり、ずいぶん涼しくなって朝晩過ごしやすいです。

 

先週頭まで一進一退を繰り返していた痒みも、日ごとに薄紙を剥がすかのごとく、

痒みも発疹跡もだんだん面積が狭くなってほとんど日中は忘れて過ごせるようになりました。

 

何よりも塗り薬をやめられたのは大きい。レスタミンという痒みどめ薬は

塗ってもヌラヌラして肌の感触がよろしくないだけでなく、痒みはいっとき治まっても

肌の下に潜んでいる痒み菌は消えずにいるようで、血行がよくなるとまた痒くなる・・・を繰り返して

瘡蓋は減らずにいました。

 

そこへ、インスタLive「イエル」の対談でセラピストの原三奈子さんからのアドバイスで

アロマの原液を痒い箇所にちょんちょんとすると沈静化される・・・というので

試しにやってみました。ラベンダーの原液を何度かちょんちょんと。

 

すると本当に見事に、痒みが治まって、なおかつしばらく肌を覆う熱のような感じが引くと

肌本来の潤いが戻っている。これは、自然治癒力というものなのかな。

 

まだ何かの拍子に体温があがると、パラパラと局所的に発疹は生じて

(多くは二の腕部分と足の脛に集中。ここが狙い撃ちという感じも・・・)

肌が薄くなっているので掻きすぎて血が出てしまうことも。

それでもシツコイ瘤のようになった発疹跡の突出が消え、跡も薄くなってきたのは大きな進歩。

時間の経過もあるけれど、アロマの威力も発揮されていると思う。

 

ワクチン副反応事例、相変わらずチェックしていますが私が報告した8月末の分は

まだ反映されておらず。遅いよね。10月になってからアップされるのでしょうか?

引き続き注視しております。

 コロナワクチン 副反応データベース検索新型コロナワクチンの副反応報告を検索するためのサイトです。フィルター・ソートなどの機能がご利用できます。リンクcovid-vaccine.jp


 

 

 

昨日結構遅くまで外出していて、車で戻ったのが23時前位。お腹すいて、ご飯🍚もしっかり食べた上、ビールも🍺飲んだらば。

また発疹が出たのです。今度はウエストのあたりと胸のあたり。パラパラと赤く出て消えたので蕁麻疹かと思うけど、寝てから夜中に一度目が覚めたら腿のあたりにまた発疹が出ていることに気づいて塗り薬塗って、二度寝。

疲れたり、神経が過敏になっていると、また皮膚の下の何かが反応して出るようで。

今朝また薬をもらいに皮膚科へ。1時間位待たされたけど、進展なく、塗り薬はレスタミン、飲み薬はフェキソフェナジンを処方されて終わり。はぁ、こんなこといつまで続くのやら。

発疹跡の酷くなって跡になりそうな何箇所かは、時間を掛けるしかないらしい。

何もかも奥歯にものが挟まっているような物言いのヤブ医者、やっぱり変えようかな。でも隣の区の人気ある皮膚科はスゴイ密だと思うし、今、行くのはリスキーだよなぁ…と。

医者には行きたくないし、薬も処方してもらいたくない!もうこんなんで合計いくら支払ってるのだろう。一万円位かもしれないけど、絶対いつか国に請求したい。副反応で酷くなっても自腹切って馬鹿みたいですよねー。

しかし、昨日行ったコンサート会場も非常に密で、客席で声はあげないにしても、映画館でもひとつ席を空けて間隔を取っているのに、コロナ禍前と同じくギッシリと。

無駄な抵抗とはいえ、マスクを二重にして防御しました。ワクチン打ってそうな高齢者が多く見受けられたけれど、まさかワクチン打ってるからもう大丈夫‼️とか思っていないよね?…と危惧したり。

しかしまいった。もうかれこれこの副反応は1ヶ月半になるし。アルコール飲むな、ランニングして汗かくな…ってさ、そんな我慢させられることの方がよほど心身に堪えるストレスだってーの。

早くおいしいワインが飲みたいなぁ。

というわけで、今日はその願掛けで北条ワインの画像を。

週末は台風の影響が凄そうなのでベランダを整理しなくては。