立川デンタルクリニックすずきのブログ

院長やスタッフの日々の出来事を書いたブログです。

NEW !
テーマ:

こんにちは

 

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

安室奈美恵さんが引退宣言しましたね…

 

確かに20年トップで居続けることって、凡人の僕には想像できない位のプレッシャーがあるんでしょうね…

 

様々な文化を創り出してくれていたアーティストさんですから、残念ですが、最後まで応援しようと思います。

 

 

さて、今日は前回の続き

 

質問の答えです。

 

なかなか更新できずにすみませんでした。

 

前回の質問は

電動歯ブラシはやはり普通の歯ブラシより、効果は絶大でしょうか?

 

ということでした。

 

これについては過去にも解説しているので、もうご存知の方もいるかもしれませんが…

 

僕はよく、電動歯ブラシと歯ブラシを掃除機とほうきで例えることが多いです。

 

電動歯ブラシは、短い時間でだいたい綺麗にするのは長けています。

 

例えば、2分間で電動歯ブラシと手磨き、どっちが綺麗に出来るか?と聞かれると、それは電動歯ブラシです。

 

しかし、正しい歯ブラシの使い方を知っている人が、5分間磨いたのと、電動歯ブラシを5分間当てたのでは手磨きの方が綺麗に磨けます。

 

部屋の掃除を掃除機で凄く丁寧にやっても、その後にほうきで隅を掃除したら埃が出てくるのと同じ感覚ですね。

 

隅々まで綺麗に歯を磨こうと思ったら、手磨きには勝てません。

しかし、常に5分も10分も歯磨きに時間をかけることが出来ないという人の気持ちもわかります。

 

なので、朝、昼など時間のないときは電動で

夜は、電動のあと、手磨き+フロスなどを併用するとよりいいのではないでしょうか?

 

電動でも、手磨きでも、ブラシの毛先が当たっていない場所の汚れは落ちません。

 

水の力で、そこに超音波水流を発生させたとしても、食べかすは取れますが、細菌の塊であるプラークはそう簡単には落とすことが出来ません。

 

プラークは毛先を使って磨かないとほとんど落ちないのです。

なので、質問の答えとしては、短い時間での勝負は電動歯ブラシの方がすぐれているが、磨き残しは絶対にある。

 

徹底的に磨きたいなら、手磨きやフロスの併用をしないと無理という事になります。

 

ちなみに、電動歯ブラシを使用する際の注意点としては、歯磨き粉を選んだ方が良いという事です。

 

続きは立川デンタルクリニックすずきのHPへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「歯周病」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき

院長の鈴木です。

 

レディーガガさんが、線維筋痛症で歌手活動を休止すると発表しましたね…

 

繊維筋痛症はまだまだ原因も分かっていませんし、症状も人それぞれです。

 

かなりお辛いのでしょうね…

 

 

繊維筋痛症は、実は歯に現れることもあります。

 

虫歯じゃないのに、夜も寝れない位歯が痛い…

レントゲンを撮っても、咬み合わせを調整しても原因不明…

神経を取っても痛みは消えず、歯を抜いても痛みは消えない…

 

そんな症状です。

 

 

当院では試験的に歯に麻酔をして、それで痛みが消えるかどうかで、歯に原因があるのかどうかを調べます。

 

そして、歯に原因がなかった場合、マイヤーズカクテルとグルタチオン療法を行います。

 

早い人では30分くらいで痛みが消失します。

 

もし、何件も歯医者に行っても虫歯じゃない…でも、寝られない位歯が痛いという方は、ご相談ください!

 

 

レディーガガさんも相談に来てくださいねー(笑)

 

 

さて、先日、アメブロに質問がありましたので、今日はそのお話しをしようと思います。

 

まず一つ目の質問

 

口腔ケアでお勧めはありますか?

これは、その人の生活スタイルと口の中の状況、虫歯や歯周病のリスクなどで変わってくるのですが…

 

歯磨き粉は、ラウリル硫酸ナトリウムを含まないものが良いと思います。

 

発泡剤として、含まれるこのラウリル硫酸ナトリウムですが、経皮毒が報告されています。

 

それを口の中に入れて、少しは飲み込んで…って身体に良いわけがありません。

 

そして、泡立ちが良いと、しっかり磨けていなくても、磨いたつもりになってしまう場合もあります。

 

あまり泡立たない方が良いと思います。

 

最近、法律の改正により、フッ素濃度の上限が上がりましたね!

 

今後、高濃度のフッ素入り歯磨き粉も増えると思います。

それも、何でも濃度が高ければよいというものでもないかと思います。

 

続きは立川デンタルクリニックすずきのHPへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき
院長の鈴木です。

昨日は休診とさせていただき、勉強会に参加してきました。

どうすれば、もっとより良い医院になるのか?その為にはどのような努力をすれば良いのか?どのような事に注意していけばよいのか…そのような勉強をしてきました。

 

一緒に学んでいる仲間たちは本当にモチベーションが高く、僕ももっと頑張ろう!

そのような気持ちにさせてくれる最高の仲間たちです。

 

この仲間たちと一緒に勉強でき、努力しあえる事は本当に幸せな事だなーと思います。

 

もっとよりよい医院にするために、沢山の事を吸収しようと思います。

 

よろしくお願いいたします!

 

さて、今日は前回の続き

 

口の中に出来る出来物についてです。

一番頻度が多いのは
粘液貯留嚢胞といわれるものです。

頬や、唇にドーム状の柔らかいふくらみ、
ニキビのような感じの物が出来る事があります。

そのまま放置すると勝手に潰れて治ることが多いのですが、
たまに、そのまま大きくなり続けることがあります。

これの原因は唾液腺!

口の中には、唾液を分泌するための唾液腺が多数存在します。
その唾液腺の出口が何らかの原因で詰まってしまうと
唾液が外に出ることが出来ず、嚢胞ができます。

この出来物は中身は唾液なので、勝手に潰れて中身が出てくれば何の問題もありません。

しかし、潰れずにどんどん大きくなるようなら、その原因の唾液腺を除去するという処置をしなくてはなりません。
 

1週間以上なくならない、大きくなり続けるという場合は歯科医院への受診をお勧めします。

 

そして、もう一つ

痛くないけど、歯茎の深いところにニキビみたいなのが出来てる…

 

これは、虫歯が神経まで到達して、神経が死んでしまい、根っこの先に膿の塊があるときに、その膿の塊が歯茎から透けて見えている場合があります。

 

 

このような場合は、根っこの治療をしなくてはいけません。

以前、神経を取った歯、差し歯になっている歯、などでよく見られます。

 

咬むとたまに痛い…でも、日常生活に困らない…そんな場合も多く、受診の必要性を感じない場合があるかもしれません。

 

しかし、歯茎にニキビができるくらい根っこの先には、大きな膿の塊が出来ているという事。

 

治療を早めに始めないと、最悪その歯を抜かなくてはいけない…というような事になってしまうかもしれません…

 

でも、鏡で見えにくい場所だし…なかなかわかんないよーっていう方。

 

 

ご安心ください!

 

続きは立川デンタルクリニックすずきのHPへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

 

今日、大規模な太陽フレアが発生したとのニュースが入ってきましたね…

 

このようなニュースをみると、人間って本当にちっぽけなんだなーって思います。

 

太陽の表面がちょっと波打っただけでも、そうなんですもんね…

 

明日の午後3時ころシステム障害が起きない事を祈っています!

さて、今日は先日の続き
 

口内炎の話です。

 

 

感染症が原因で出来た口内炎の話をします。

 

 

口の周りに出来る感染症といえば
 

ヘルペスが有名ですね!

唇にできる口唇ヘルペスと
口の中に出来るヘルペスもあります。

 

同じようにして、帯状疱疹も口の中に出来る事があります。

これらの口内炎は最初小さい口内炎が沢山あり
それらが繋がって大きくなるというものです。

 

 

接触痛がかなり大きく、痛いというイメージが強いですね!

 

他の原因として
手足口病
麻疹(はしか)
カンジダ
梅毒
淋病
クラミジア

などの可能性があります。

 

 

これらの口内炎の場合
一般の口内炎の薬を塗ると悪化することが多いです。

 

普段とは違う
何かおかしいと思ったら
自己判断せずに受診することをお勧めします。

 

そして、口内炎でも痛くない口内炎の話。

 

実はこれ、あまりいい病気ではないです…
(病気に良いも悪いも無いかもしれませんが…)

痛みというものは
身体が何か変だよ~って教えてくれるサインなんですね!

そのサインがないのに病気になっている…

 

ちょっと怖いですよね。

 

続きは立川デンタルクリニックすずきのHPへ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

立川デンタルクリニックすずき院長の鈴木です。

 

9月になりましたね…

 

朝晩は肌寒く感じるようになりました。

 

1日の気温差が激しいので、体調管理には十分お気をつけくださいね!

 

9月は祝日も多く、僕自身初めて出席する国際学会などもあり、休診日があります。

 

10日(日)、18日(月、祝)、23日(土、祝)、27日(水)が休診日となっております。

 

よろしくお願いいたします!

 

さて、今日は久しぶりに口の中の話。

 

何のブログ?って感じですけど、やはり歯科の話をしなくては…と思いまして(笑)

 

そう、歯医者さんのブログなんです。

 

歯科で最も多い粘膜疾患とは…

そう口内炎です。

 

では、口内炎ってなぜできるのでしょうか?

原因はいくつかありますが、
 

一つは、外傷
つまり怪我ですね!

間違って頬を咬んでしまった。
酔っぱらってしゃべってたら、舌を咬んでしまった。

転んで顔をぶつけたら口の中が切れた…

そんな経験もおありかと思います。

その時通常ではその怪我の部分がそのまま治っていくのですが、何らかの原因で潰瘍になってしまうとそれが口内炎です。

治療で麻酔の注射をしたら、そこが口内炎になった。
というのも、同じ原理です。

次に、何もしなくても、気が付いたら出来ていた。
このような事もあります。


主な原因は
ビタミンB不足
ストレスや睡眠不足
口腔乾燥
口腔清掃不良

などです。

この、アフタ性口内炎は細菌やウイルスの感染が原因ではないので、そのうち治ります。

でも、当たると痛い つまり接触痛が多く出ます。

しゃべれない、食べれない、飲み込めない
等の症状が出る場合があります。

そのような場合の処置として
軟膏を塗る
パッチを貼る
レーザーで焼く
などの処置を行います。

基本的には身体のバランスが崩れているサインと思って
食生活を正したり、休息時間を取ったり
必要であればビタミン剤などを服用してもいいと思います。


予防策は残念ながら「これ」というものは無いのですが、
規則正しい生活をして、口の中を清潔に保つという事でしょうか?

このように体のバランスを整えてもすぐに口内炎が出来てしまう。という場合は再発性口内炎なども考えられますので、受診をお勧めします。

 

続きは立川デンタルクリニックすずきのHPへ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)