今頃ですが6月18日の記録します。

 

須坂宇宙ミッション講演③相森中学校

 

この学校は生徒会が中心となって

「カンナ子ども平和宇宙ミッション」に取り組むことになりました。

4月25日の先生方への説明の日に、

「僕たちも参加してよいですか?」

と行って校長室に集まり、たくさん具体的な質問をしてくれました。

お会いするのが楽しみな皆さんです。今日は2度目です。

 

司会進行も全て生徒会が担当します。

 

 

体育館へ行く途中に見つけた「水やり当番表」です。

生徒会が作り、毎日当番が水をやってくれています。

 

 

講演中の写真を頼むのをわすれました。

最後に宇宙にあげる写真を撮りました。

かんなちゃんも入れてもらいました。

 

 

生徒会の皆さんも最後はかんなちゃんと触れ合うことができて

喜んでくれました。

 

生徒会の皆さんは素晴らしい働きをしています。

 

 

宇宙へ行くタネを採るカンナです。

6月はじめに植栽したのですが、少し小さいですね。

 

水が少ないように感じました。

「もともとは、水辺の植物だったのです^^」

そう伝えておきました。

きっと、成功すると思います。

 

 

 

須坂新聞の取材を受ける生徒会の皆さんです。

この子たちは、主体性と責任感を持ってこのミッションに挑んでいることが

そのインタビューの言葉でわかります。新聞の本文をみるとわかります。

 

本当に頼もしいです。

この中の二人は須坂氏の広島使節団のメンバーとして

8月6日に広島に行きます。

 

きっとこのミッションへの思いを

しっかりと感じてくれることと思います。

 

 

新聞記事です。

 

 

 

あとは、無事にタネが採れることを祈るばかりです。