里親さん訪問 

2016年、昼食に入った食堂。
そこには92歳の現役の女将さんがいらっしゃいました。
私の手作りのかんなちゃんが可愛いと言ってくださり、
作りたいと言ってくださいました。
作り方と材料を帰宅後プレゼントしました。

2017年5月に伺うと、
「目が悪くなって針仕事ができんようになってすまないです。」
「いいえ、いいえ」
「里親カンナ制度を始めたんです。今までは学校だけのリレーでしたが、
今年から一般の方々にもカンナのバトンができるようになりました。」
「花なら育てられるから、ぜひ里親になりたいです。」
「2020でオリンピックで咲かせるのが子供達の夢なんですよ。
今頑張っても関係機関に高校生・大学生がプレゼンしてくれています。」
「へえ〜、オリんピックに咲くのなら、頑張って、あと3年生きないと^^!」
そう言って5月に植えてくださいました。
実は被爆していらっしゃるそうです。でもお元気でにこやかにお過ごしです。

8月に訪問すると見事に咲かせてくださっていました。

2017年8月見事に咲きました。93歳
2018年5月、冬を越し大きくなっていました。94歳
2019年5月、今年もお元気です。95歳

草木が生えないと言われた75年がちょうど来年の2020年です。
ここに向けて、オリンピックが東京に決まったのも何かの巡り合わせ。
子供達の夢プランを実現させたいものです。
「たった1ヶ月で咲いてくれたカンナだけど、本当の花は2020年に咲く」

皆で75年目を見守りたいですね!
本当の平和の花を咲かせたいですね!