保育園2園とも
オリパラカンナリレーと、宇宙ミッションに参加です。

「保育園ではわからないだろう」
そんな言葉をいただくことがあります。
子供の力は無限大ですよ。
初めから決めつけないで挑戦することだと思います。

現に、今回の保育園でも、お話が終わってから
「どんなロケットで宇宙に行くの?」
「見せて!見せて!」と園長室に子供達が押し寄せてきました。
うれしい悲鳴です。

子供達にはなるべく多くの機会を与えたい。
それが私の願いです。

この2園の園長先生方は素晴らしいですね。
突然の訪問にもかかわらず、お話の時間をくださいました。
ご案内は、町役場の被災者支援係長のI様です。
ご自身のお子様もこの保育園に通われています。

【波浮保育園】

到着すると3月のお誕生日会でした。
ドレスを着た3月生まれの子に「可愛い!」と声をかけました。
その子も嬉しそうに「お誕生日なの^^」と話し出して、
名前を見たら、な、な、なんと「かんな」ちゃんでした。

3月生まれではなければ、声をかけず終いで気づかなかったでしょう。
先ほどの中学のかんなちゃんに続き、ここでも不思議な引合せです。

宇宙へ行く話は、みんな目を輝かせて聞いていました。
「ロケット見せて!見せて!」の保育園です。

「うまくかけなくても大丈夫!」
自分で書いた名前を宇宙に打ち上げるから書いてね。

3歳児以上OKです。よくはわからなくても、
ロケット打ち上げるところはわかるはずです。
中身は、大きくなってから理解できたらそれで十分です。

こんな機会はないのです。
なんでも乗ってみる。これ大事です。
人生、しない後悔はもったいないですから。

あとは園長先生にお任せします。
園長先生、本当にありがとうございました。
宇宙、一緒にいきましょう!



【北の山保育園】

こちらは11時半着でしたが、ちょうど給食始まってしまいました。
園長先生に、カンナ子ども平和宇宙ミッションの目的、参加の仕方など説明して、
苗をバトンしました。その写真、忘れてます><;;

食べながらで良いので、ほんの5分、
宇宙にみんなの名前やタネや顔の写真がいくこと話しました。
「お行儀悪いことさせてごめんなさい。」とまず謝って始めました。
園長先生が、箸をおくよう促してくださいました。
感謝です。
こんな状況の中でも、ちゃんと聞いてくれます。

なんといっても、妖精かんなちゃんの手品は、
純粋な子供達の心に響きます。
どこの国でも同じです。

この純粋な気持ちを宇宙につなぎましょう。

食べ終わった子が歯磨きに廊下に出てきて、
少しお話ししました。
「ロケットで行くの?」「すごいなぁ〜」
よく聞こえなかったのですが、「ぼくね、・・・・」と残念。
最後に「また来てね〜!」
ほんの短い時間でも、お時間いただけたことに感謝です。

みんな、一緒に宇宙に行こうね!


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カンナ・プロジェクトでは、2013年から手がけてきた
「カンナ子ども平和宇宙ミッション」が無料から有料になってしまい諦めかけました。
広島の子供達の「きらめないで!募金を集めたらいいです。」の声に、募金を集めています。
15年間、自費で活動してきました。
どうぞ、今回の打ち上げ費用は皆様のご支援いただけることを願います。

2020年1月ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられます。
打ち上げるのは、
①子どもたちが育てたカンナのタネ
②未来の地球への平和メッセージと学校名
③参加した子どもたち全員の自筆の名前
④参加者のカンナスマイル(顔写真)
1ヶ月間、国際宇宙ステーションに滞在し、宇宙飛行士たちと宇宙を旅します。
帰還後は帰還したタネを「宇宙を旅したカンナ」として育てます。
次世代の子供達は、「宇宙という視点で地球の平和を考えて欲しい」という教育的目的です。
支援者には「地上クルー」です。一緒に参加していただけたら幸いです。

【ゆうちょ振込み先】
ゆうちょ銀行 カンナコドモユメプランジッコウカンナコドモユメプランジッコウイインカイ
10920 36824341
他銀行から
O九八  普通 3682434