【宇宙事業は宇宙に目が行きがちだが、宇宙を通して足元(地球)を見ることだとカンナ・プロジェクトは考え実践しています】

うれしいコメントをいただきました

昨夜は素敵なコメントをいただきました。

「宇宙規模の視点に、人類がたてれば、違いを越えて手をとることができる✨と信じてます✨」

東北支援のカンナ・プロジェクトの時にであった方からです。
このことを目的に宇宙ミッションをしています。
まだこういう言い方をする人も少なくて、ピンとこない人が多いのが残念ですが、
こうして、今回クラウドファンディングに124人の方々が
支援金を出して応援してくださったことは、
それだけの人に受け入れられた、理解されたということだと感じています。

後半の120万円の時はもっとたくさんの人たちの意識を集められるように
日頃の活動をさらに頑張ります。
こういう取り組みもあるんだと知っていただけたらと思います。

宇宙は上ばかり見上げがちですが、
宇宙を通して足元(地球)を見ることだと思います。

こう思ってくださる方を増やす小さなはじめの一歩が成功して本当に嬉しいです。

宇宙飛行士のように実体験はできませんが、
カンナのタネを通して、感じることはできるはずです。