今回の須坂の不思議な出会い
 

このために須坂に行ったのかもしれない・・・。

 

そう思わせていただくような出会いがありました。

祝賀会の基調講演のU様の履歴ストーリーが、とてもとても足元には及ばないながらも、

自分のストーリーと重なるところがたくさんありました。
私のカンナの活動は、先の目標は何もありません。

常に今、今を精一杯こなしていく。これだけです。

 

そこにやってきたものを受け入れて精一杯すると、また次がきます。

 

『かんなちゃん語録』にも書きましたが、「道は前にできる」です。

今やるべきことを精一杯やり遂げると必ず次の道がやってきます。

 

成功させようとか、こうなりたいという欲はない。

もちろん信念はあります。「子どもたちの未来が穏やかであること」です。

カンナ・プロジェクトも、宇宙ミッションも信念ではありますが「私の夢」ではないのです。

 

欲や、目標ではなく自分の生きる上での信念です。

今、目の前に来たことをただただ精一杯にやっているだけです。

「ただたんたんと」なんです。
 

突然やってきたものをすべて受け入れて、私が請け負う。

そんな感じなんです。

 

今取り組んでいる「カンナの宇宙のミッション」も或る日突然のオファー。

そして、或る日突然の有料化(笑)。

それを成し遂げるためには何をしたらできるかを、無い頭を絞って考える。

この繰り返しです(笑)

 

自分がやりたい、とか思っていたわけではないのです。

来るもの拒まずなんです。もちろん自分の信条に合わないものは、

自然に向こうから姿を消していきますね。

 

今回の須坂は、きっとこのU様のお話を聞くことのためにあったのかもしれません。

 

このU様の名刺にびっくりです。

お名前の部分を消してここだけ拝借させていただきました。

な、なんと宇宙つながりでした。

 

私は、お誘いを受け、その時間が空いているのなら、あまりとやかく聞いたりしないで、

とにかく「はい」というタイプなんです。

 

会いたいと強く思う人もないのですが、

会った人が会いたかった人になるような気がします(笑)

 

今回もまさにそうでした。

 

そしてそれは、その後の自分の利益になるかならないの出会いではありません。

 

自分の生き方を決めていけるような出会いなのです。

 

 

     

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このカンナ子ども夢プラン平和宇宙ミッションに支援金で支えてください。
詳しくは、こちらです。
https://2020cannaproject.wordpress.com/