「カンナのタネ宇宙へ🚀」


すでに宇宙に滞在するタネは十分ありますが、
1校でも多くの子どもたちにこの体験をしていただきたくて、
ご縁ある参加校を呼びかけに回っています。
(この経費は橘の自費です。打ち上げ費用240万とは別にかかっています)

カンナ・プロジェクトは今まで14年間、ご縁だけで続いてきました。
助成金も支援金も間に合わないくらい突然に
向こうからやってくることをただ、ただ、たんたんと、
精一杯こなしてきました。

だからと言って眉間にしわ寄せてはいません。
子どたちの言動に心動かされて、自然と微笑みが生まれます。
だからこそ、この子たちの未来が穏やかであって欲しいのです。


私の仕事は幼稚園から大学生まで、
そして、社員研修の新入社員まで・・・・
次の社会を担う人たちの教育です。

カンナを通して、子どもたちが考えられる子どもたちになって欲しいです。
カンナを通して、何かに目覚めてくれることを願っています。
宇宙カンナを通して、子どもたちが宇宙という視点から地球を見る力を養って欲しいです。


宇宙へ行くタネをたくさん採取してくださったY小学校の園芸委員会の皆さん、

今は、この採取したタネの発芽に挑戦しています。
子どもたちの中には、家で発芽させたい!と持ち帰り、
実験してくれた子もいます。

見事に発芽させてくださいました。

挑戦することが大事です。
子どもたちに機会をあげたいです。



 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

このカンナ子ども夢プラン平和宇宙ミッションに支援金で支えてください。
詳しくは、こちらです。
https://2020cannaproject.wordpress.com/