物事にはストーリーがあります。

26日、長野県須坂市のメセナホールのカンナに会いに行きました。



東京のカンナ大使さんが、「須坂ってどんなところか行ってみたい!」
そう言って下さり、ご案内しました。

「広島の原爆資料館にも行ったんだが、カンナのパネル知らなかったなぁ」

とカンナのパネルの前で話をしていると、
4人の方々がちょうどいらして、
「そうなんだ〜、そういうカンナなんだ〜。知らなかった!」
と加わってきて下さいました。
少し、詳しくお話しさせて頂きました。

お一人は中野の方、3人は須坂の方々でした。

「今度からカンナを見る目が変わるわね」
「かんなちゃんも、ただ、かわいい、かわいいだったけれど、そういう意味があったのね、、、、。孫にもちゃんと話してやらなくちゃ!」
「須坂市、いいことしてるのね。」
「いい話を聞かせて頂きました。」

そう言ってカンナのパネルをご覧になっていました。

ものごとにはストーリーがあります。

ただそこにパネルがあるだけではちゃんと伝わらない。
大事なのは、その経緯。ストーリーですね。

 

カンナのパネルがここ須坂にある理由

原爆資料館取り壊しカンナの写真救出劇①廃棄処分

https://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12288562537.html
カンナのパネル写真救出劇②覚悟
https://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12288562537.html
原爆資料館カンナの写真救出劇③須坂市に展示
https://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12297171940.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

このカンナ子ども夢プラン平和宇宙ミッションに支援金で支えてください。
詳しくは、こちらです。
https://2020cannaproject.wordpress.com/