カンナ・プロジェクト@オーストラリア②奇跡の出遭い

カンナ・プロジェクトにはいつも不思議な出遭い
奇跡的な出遭いがあります

今回も早速アデレードからポートリンカーンの飛行機の中で

しかも15人しか乗っていない飛行機の中で訪れました

びっくりですびっくりそしてとても嬉しいことでしたニコニコ

アデレードまでは誰と話すわけでもなく
時折目の合う人たちと微笑むくらいの時が過ぎました

あと15分ほどで到着という時
背もたれの航空会社の冊子を手にして読み始めました

ちょうどこのページを見ていたら
ひとつ席を飛ばした女性が何か私に向かって呼びかけています

「その学校は、私の娘の通う大学ですニコニコ
「Oh! really ?」
ということで拙い英語ではありますが会話が弾みました




お嬢様がこの大学に通っていること
素晴らしい学校だということ
アデレードには3つの大学があること
お父様もアデレードに入院しているのでよく見舞いにも行くこと
今日もアデレードでお嬢様と会ってきたところだそうです

帰り道は少し寂しいとのこと

「お子様はお一人ですか?」

下にもう一人お嬢様がいるとのこと
その子は高校生だそうです

『あ〜、そういえば私が行く学校はどこだったかしら」
メールを探し確認しました

「実は26日にST JOSEPH SCHOOLに行きます」

「娘の通う学校です」
「Wao!  ブラウン先生にお会いします」
「うちの子の先生です!!びっくり
「素晴らしい先生です!!」

わ〜〜〜!なんという奇跡的出遭いでしょう


学校に行く目的を話しました
素晴らしいプロジェクトだと行ってくださいました
英語のホームページ歯あるかと聞いてくださいました
ありますと答えました

彼女はノートを破りメモを書いてくださいました

飛行機はポートリンカーンにつきました
タラップを降りてメモを手渡してくださいました
二人の会話は盛り上がり
お迎えの方を通り越してしまうほどでした(笑)

「Have a good trip ! 」
「Have a good time !」

別れを惜しみながらお別れしました

この出遭いが26日に大いなる功を奏することになるのでした

あっ!その方との写真を忘れました
いつも残念ですが大事な写真こそがなおさら撮れないのですね


5年生のカンナ大使の男の子ではないですが
『写真はなくたって、頭にその時の映像は焼き付いているよ』

本当にいいことを言いますね
本当にその通りですね

幸先の良い旅の始まりでした

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
canna-project since 2004
カンナ・プロジェクトホームページ  canna-project.com
 



全国ゆるキャラグランプリ11/10まで

一緒に平和を作りましょう。二度と原爆が落とされませんように!!
http://sp.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002365