宇根さんとのであいと献水

あれは2009年だったでしょうか
美鈴が丘小学校で大きなイベントがあり
カンナ・プロジェクトの講演をいたしました

そこで出会った方に招かれてご自宅にお邪魔しました
突然合わせたい人がいるから出かけようと言われて
車で宇品へ向かいました
宇品港にあるうどん屋さんに着くと
一人の女性がうどんを召し上がっていました
特に紹介されることもなく
みんなでうどんを頂きコーヒーを飲んで時が過ぎました

『合わせたい人ってこの人かしら・・・」

その日は結局分からなかったのですが
「うちにおいで」と案内されて家に行きました
家の前にカンナが咲いていたのを覚えています

帰り際に本をくださいました 
後で読んでわかったのですがこの方が宇根さんでした

「献水」という言葉を初めて知りました
東京に戻り本のお礼状を送りました
電話を頂き「次回広島に来る時は一緒に献水しましょう!」
私も「喜んで宜しくお願いします」
そして初めての献水をカンナ大使さんに呼びかけていたしました
その時も今日のメンバーでしたね
本当は6日にする予定でした
しかしたくさんの方々が献水されていますので8日にしました

それで奇しくもこのメンバーになったのでした
これも宇根さんが呼んでくださったのでしょうか

5日の宮島山頂登山お参りのあと宇根さんの観音滝へ行き
お参りさせていただき
お水をいただいてきました









8月8日
この日も暑い日でした
カンナ大使さん3人と献水して回りました












たくさんの被爆して亡くなった方々を荼毘に付した元安川河岸
ここにも献水しました



この土手に2008年カンナ・プロジェクトから寄贈した
カンナの小径です
この球根は長野県須坂市田辺さんからいただいた
真心こもったカンナ・プロジェクト公式カンナの球根です



今は牡蠣船の移転工事で木の根元に植えられています


そこにも観音の滝のお水を捧げました





この場所にも分けられました
ここは背景に元安橋が見えるので良いですね
カンナが1945年原爆投下から1ヶ月爆心地820mに咲いてくれたということを書いた看板を作成してお持ちしているのですが
被爆植物には指定されていないせいか掲げていただけないですね

カンナは忘れられてそれでも恨んだり怒ったりしないで
宇宙からずっと地球を見守ってきたというのが
現在ゆるキャラになっている「かんなちゃん」の姿なんです
かんなちゃんはカンナの花の妖精です
二度と同じ過ちを犯しませんように見守っています


そんなかんなちゃんに投票してください
毎日ニコニコたんたんと地球を見守ってくれたかんなちゃんです。投票お願いします。  ↓
http://sp.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002365


ラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブ


世界中の人の心に平和と希望の花を咲かせましょう

カンナ・プロジェクトsince2004 by Riho Tachibana

ホームページ  canna-project.com