インドカンナ・プロジェクト式典にて講演
   インド2日目 Jagran Public School


1月26日厳密にはインドで目覚める初めての朝です

お祈りの声で目覚めました

インド2日目の朝の始まりです

Jagran Public School でのHAPPY REPUBLIC DAYの式典にて

ゲストスピーカーとしてカンナの話をさせていただきます

今回のインド訪問のメインの学校です

校長先生です

私の手作りのかんなちゃんがお嫁に行きました




国旗掲揚〜ゲストへの花束贈呈

思いがけない式典のプログラムでした



このように素晴らしい花束をいただきました


こちらもです

お世話になっているオタクのお仏壇のようなところに
お供えしていただきました



校長先生の挨拶



国歌斉唱 全員で歌います



ゲストスピーカーとして カンナの話を英語でいたしました
子どもたちはよく話を聞いてくれました
 


次世代リーダーのスピーチです 立派でした


成績優秀者表彰プレゼンターのお役をいただきました
これも予定外でしたが 光栄でした立派な生徒さんたちでした



司会も生徒たちがいたします


花壇に移動〜カンナのバトン式〜植栽


代表で幼稚園児が植栽してくれました
ここ以外には植木鉢に4鉢植えました
花が咲いてくれますように



この子たちと植えました
カンナを宜しくお願いします


幼稚園児のクラスの先生です
とても素敵な笑顔で園児たちと接していらっしゃるお姿が印象的でした


副校長先生ともたくさんお話ができて
より親近感を持って接してくださるようになりました
「この写真を撮りましょう!」と
副校長先生からご提案いただいた2ショットです


式典終了後はランチをご馳走してくださいました
校長先生・副校長先生・今回の企画者・インドの次世代リーダーと仲間です
カンナ大使と呼んでいます



タクシーをお見送りくださる副校長先生はじめ代表の先生方です
本当に最後の最後まで歓迎くださり本当にありがたかったです




これも皆インドのカンナの企画をしてくださった日本語の先生のおかげです

ありがとうございます

本当にカンナ・プロジェクトはみなさんの善意で繋がっていきます


こちらの球根は

長野県須坂市が提供してくださる球根を広島で一度咲かせ

リレーのバトンにしています

今回は広島〜東京(東北被災地からの避難所で野点をした子供達の学校)

広島〜福島特に双葉町から会津若松に疎開している

熊町・大野小学校からのバトンです







キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

カンナ・プロジェクトは、関わって下さるカンナ大使の子どもたち、先生方、繋いで下さる方々のバトンつなぎです。被爆にも負けないでわずがひと月で爆心地に咲いてくれた真っ赤なカンナ。花言葉は「堅実な未来」です。
それはきっと明日は命がなくなると感じていた人たちに一縷の希望を与えた花だと思います。いわば復興のはじめの一歩をくれたと思います。しかしそのあと復興が始まり、瓦礫とともに捨てられ忘れられた花でもあるのです。
しかしカンナは恨んだりしないでいつも笑顔で咲いています。このカンナの心意気を再び蘇らせ、子どもたちと世界中の人にバトンを繋いで咲かせていきたいと活動しています。カンナのバトンをつないだ人たちがお互いに想いを馳せあって相手のことを考えることができたら世界は平和になると信じてバトンをつないでいます。現在世界には13カ国にバトンが繋がっています。未来は子どもたちが作ります。今次世代にバトンをつないでいます。
 
ホームページ canna-project.com