孔子の教えをひも解くマナー講師 橘 凛保(たちばな りほ)

未来の地球が平和であるためには「お互いに想いを馳せる」ことです。カンナをリレーして、世界中の人の心に平和と希望の花"を咲かせています。1000スマイルを東北に届けました!「カンナ2000スマイル」頑張ります!http://justgiving.jp/c/7668


テーマ:
一般社団法人橘流恕学(じょがく)アカデミー

http://tachibanaryu.net/



今日は二十四節気の春分です




春分 秋分の日をはさむ

前後七日間を「彼岸」と言いいます

初日は「彼岸の入り」

真ん中は「中日」

最後の日を「彼岸明け」といって、

この七日間は

各寺院 家庭で彼岸会の法要が行なわれます

「春分の日」は「自然をたたえ生物をいつくしむため」に

「秋分の日」は「祖先を尊び亡くなった人をしのぶため」に

国民の祝日に定められています祝日

彼岸はあの世(彼岸)の死者の安らかな成仏を願うのであります

春分の日は

太陽が真西に沈む日でもあります晴れ

この日

真西に沈む太陽は極楽の東門に入るといわれます

この日の太陽を拝み

故人の霊を供養すると

迷わず極楽浄土に成仏できるといわれています

私もお彼岸の入りに

お墓参りに行って参りました車



お彼岸と言えば

「ぼたもち」ですねニコニコ

春は牡丹になぞらえて「ぼたもち」

秋は萩になぞらえて「おはぎ」と呼ぶと伝えられています

「ぼたもち」と言いますが「おもち」のようにつきません

練りつぶして作ります

おめでたい時のように

「ぺったん、ぺったん」とにぎやかではなく

故人を忍びながら

音を立てずに練りつぶしたのでしょうね・・・・


いつついたかお隣さんにも気づかれない「ぼたもち」「おはぎ」

実は「夜舟 北窓 隣知らず」

と言う言い方があるそうです

夜舟はいつ着いたのかわからないことから「着き知らず」船

北窓は月が見えないことから「月知らず」お月様

いつ搗いたのか知らないことから「搗き知らず」目



今年は桜の開花も早まりそうと思っていましたが

意外にもまだまだのようでした

2年前はお彼岸に桜がきれいででした桜



2014年はもう桜が咲いていました


今年はモクレンがようやく咲き始めました

桜はいつでしょうニコニコ


2015年 Syufeel様から執筆の依頼を頂いて書いておりました

お彼岸の記事もありますので参考になりましたら幸いです

http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/manner/manner-21/
 




キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

一般社団法人橘流恕学(jyogaku)アカデミーhttp://tachibanaryu.net/


一般社団法人橘流恕学アカデミーでは、マナー研修・茶道・和文化などを通して
「恕」の精神を伝えています
「恕学」とは「自分を受け入れること」「相手を受け入れること」「互いに想いを馳せ合うこと」「相手の身になる」を実践して豊かな人生を送るための学びです



2015年 Syufeel様から執筆の依頼を頂いて書いておりました

お彼岸の記事もありますので参考になりましたら幸いです

http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/manner/manner-21/
 

橘 凛保(Riho Tachibana)








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マナー講師・孔子の教えをひも解く橘 凛保(たちばな りほ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります