丘の上の白いポスト
       作 たちばなりほ

ある日 

ある町の丘の上に

真っ白なポストが建てられました手紙

まあるい むかしながらのポストです

この町にはたくさんのポストがあります

みんなまっかなポストですポスト


真っ白なポストは ここに ただひとつです




この丘には 

親を亡くした子どもたちが住んでいます家

このポストは 天国に手紙の届く魔法のポストでした虹



子どもたちは 悲しくなると

天国のお父さんやお母さんに 手紙を書きますラブレター


そして 

白いポストに入れます

「天国に届きますように・・・・」ドキドキ





ある春の日チューリップ赤 

ツバメがやって来て

このポストのひさしに 巣を作りました音譜


珍しい真っ白なポストに

ツバメは ポストだとは気づかず

巣をつくり 

そして かわいい雛が生まれましたドキドキ


丘の上の子どもたちは

ツバメの赤ちゃんが生まれたことに

おおよろこびですラブラブ!


「かわいいね たくさん食べて大きくなってね!」

とかわるがわるに のぞいていますラブラブ



でも 少しだけ困ったことがありましたかお


「天国のお父さんに手紙を送れない・・・」

「天国のお母さんに手紙を送れない・・・」



みんなの手には 手紙がありました




ツバメは

「ごめんなさい これはみんなの大切な天国へのポストだったんだね」

といいました


子どもたちは

「いいよ いいよ  だいじょうぶ だいじょうぶ」ニコニコ

といいました

でも

その顔は少し寂しそうでした


ツバメは

子どもたちの手から 次々に手紙をくわえると

「ごめんね  お詫びに 僕が天国に届けてあげるね」

そう言うと 高く 高く 飛んでいきました台風




その日 ツバメは 帰ってきませんでした

次の日も 次の日も・・・・・時計




子どもたちは男の子

ツバメの赤ちゃんに 毎日えさをやりました女の子





ある日 巣立ちの日がやってきました


ツバメの子どもたちは 

一羽 また 一羽と

巣から飛び立っていきました虹



子どもたちは いつまでも いつまでも

大きく手を振って

いつまでも いつまでも 見送りました女の子男の子





今 真っ白なポストに手紙はありません

真っ白なポストは

毎日毎日 子どもたちにピッカピカに 磨かれて

お陽様の光に照らされて 輝いています


また 来年 あのツバメたちが帰って来れるように

ピッカピカに磨いています






天国のお父さんやお母さん 

そしてあの日のツバメさんが

遠いお空の上からよ~く見えるように・・・・ピッカピカに





今朝FBで見つけた白いポストで浮かんだ物語です