バス停

テーマ:


19の夏

牛田行のバスに君が乗る

思いっきり手を振ってバイバイ

窓ごしに笑顔で君は僕を見る


次の日、いつもの百貨店の前

君は笑顔でかけよってくる

何度繰り返しただろう

たわいのない会話


バイバイした

たぶん二度と会わない

でも君は笑顔で僕を見てくれた


大切な人

今あの時のバス停に一人でいる

あの時の笑顔忘れられない