糖分が足りないと筋肉が減る! | 赤ちゃんを抱きしめたい!を叶える体づくり~奇跡の骨盤体操ピルビスワーク~

赤ちゃんを抱きしめたい!を叶える体づくり~奇跡の骨盤体操ピルビスワーク~

30代後半からでも卵子のアンチエイジングはできる!不妊治療専門医が認める骨盤運動療法


テーマ:

こんにちは、エリナですねこへび

 

私の元へ体質改善のためにやってくる方は

運動にまで目を向けているぐらいなので

 

ほとんどの方が

栄養療法にも取り組んでいますグッ

 

不妊傾向の方の多くが

栄養の偏りが激しく

血液の状態として

 

・たんぱく質欠乏

・鉄欠乏

・糖質過多

 

という3拍子がそろっていますので、

 

ドクターから糖質制限が言い渡されます医者

 

ごはん

パン

麺類

おやつはもちろんNG

 

糖質はできるだけ少なくして

たんぱく質をたくさん食べてね医者

 

 

言われる

 

から

 

ちゃんとやる人は
 
ほんとに
 
こちらが頭下がるぐらい
 
徹底してやる。
 
もうほんとに
一切炭水化物の摂取無し
 
徹底した結果見事に
赤ちゃんを授かる方もいるけど
 
妊娠できない・・・
 
という方もいます。
 
その方の体型を見ていると
「痩せ」か「肥満」のどちらかに
偏る傾向です。
 
 
そして、どちらも
糖質過多よりも先に
 
 
筋力不足による基礎代謝低過ぎ
 
を問題にした方が良い状態。
 
で、実はこれ
糖質制限し過ぎてしまうと
起こる現象キョロキョロ
 
 
基礎代謝というのは
普通に生活している中で
自分で生産できる熱量のこと
 
熱量=エネルギーです。
 
痩せ過ぎていても
太り過ぎていても
エネルギー不足
 
エネルギー不足の体は
何が起こっているかというと
 
血液ドロドロ
 
血流が悪くなると
当然
 
卵子の発育や
子宮内膜の状態を整える
ことが上手くできず
 
一生懸命治療に取り組んでいるのに
なぜかうまくいかない
 
と心身共にダメージは増すばかり
 
気持ちが落ち込んでしまうので、
さらにエネルギー不足に・・・チーン
 
の負のスパイラルに陥ってしまいます。
 
 
私のクラスに参加して下さるみなさんには
毎回伝えておりますが
 
妊活に最も大事なのは
 
「血流」
 
血液をじゃんじゃん流し
基礎代謝を上げて
エネルギー量増やして
 
元気な卵子を育て
ふかふかの子宮内膜をつくる
 
 
そのためにまずして欲しいのが
 
「糖質摂取」
 
です。
 
もちろん、
食べ過ぎはいけませんがショック
 
糖分は、私たちの体を動かす
燃料として1日の中で
最低限必要な量があります
 
この最低限必要な量も
制限してしまうと
 
体を動かす燃料として
筋肉を構成するたんぱく質を
分解して体を動かしてしまいます。
 
糖質は妊活の敵ではなく、
食べる量とタイミングを間違えなければ
大いなる見方になってくれます!!
 
一日の中で食べるべき糖質の量は
50g
 
お茶碗半分の白飯
ぐらいです。

これの半分ぐらい

※成長期のお子さんは該当しません。

 モリモリ食べさせてください。

 

で、食べるべきタイミングは

朝食か昼食のとき

 

就寝時間に近い

夕食に糖質を食べてしまうと

エネルギーとして消費されず

ただただ脂肪としてくっついてくるだけなので

これはNGえーん

 

ですが、

朝か昼の活動する前に

糖質を食べておくと、

 

その糖がエネルギー源となって

全身の筋肉をフルに使うことができます。

 

そしてこの筋肉が

私たちの血流を上げて

基礎代謝を上げて

ついでにムダな脂肪まで

燃やしてくれるのですニヤリキラキラ

 

ありがとうビックリマーク筋肉ビックリマーク

 

ということなので、

筋肉の元になるたんぱく質

肉・魚・卵・チーズは

モリモリ食べましょう。

 

これも必要量あるのでね、

徐々に解説していきます~ニヤリ

 

ので、

糖質制限で頭いっぱいになってた人は

これを参考に

少しずつ糖質を食べることを

再開してください。

 

確実に筋肉量が増えて行くはずですチョキ

 

 

 

 

今日は骨盤に関して特に書きませんでしたけども

骨盤のことを知りたい方は

メルマガやってますので、よろしかったらどうぞ

↓画像をぽちっと

 

今日もブログ読んでくれてありがとうございました爆  笑ラブラブ

 

 

 

Erinaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス