妊活中は1日8時間寝たい!夜ぐっすり眠れる方法を紹介 | 赤ちゃんを抱きしめたい!を叶える体づくり~奇跡の骨盤体操ピルビスワーク~

赤ちゃんを抱きしめたい!を叶える体づくり~奇跡の骨盤体操ピルビスワーク~

30代後半からでも卵子のアンチエイジングはできる!不妊治療専門医が認める骨盤運動療法


テーマ:
こんにちは😃
毎日本当に暑すぎますね😵

夜もアスファルトの熱を吸って、
地熱がムンムン上がってくる街中は
連日熱帯夜。

夜も寝苦しい

私は暑すぎて
朝起きたら冷たいフローリングの上で寝てた

なんてこともあります笑

寝相が今だに小学生並みです


妊娠体質作りには
睡眠がとっても大事

1日8時間は寝たいところ。

みなさんはきちんと睡眠時間確保できていますか?

骨盤運動療法のクラスを実施していると、
「よく眠れるようになりました」

そんな報告がチラホラ。

ということは、
以前は眠れて無かった様子

ベッドに入るんだけど、
なかなか寝付けなくて
2-3時間経ってしまう。

夜に眠れないから
朝起きれなくてお昼過ぎまでダラダラしちゃう

などみなさん結構
眠れなくて困っています。

なぜでしょうか。

これは
睡眠導入ホルモン「メラトニン」
がうまく体内で生成できていないためです

ヒトは、
日中活動していることで、
細胞から活性酸素という老廃物が出ます。

古い鉄についてるサビみたいなもの
をイメージして下さい

で、
この活性酸素はホントにサビみたいなヤツで

体内の活性酸素が増えすぎてしまうと
細胞をサビさせて、機能を低下させ、
筋肉や関節の動きが鈍くなって
まさに油を差していないブリキの人形のように
なります

この活性酸素は、
卵子や精子の質にも直結しますので、
できるだけ取り除きたい。

コイツを取り除く作業をいつしているか
というと

寝てる時

です。

睡眠は、日中頑張った全身の細胞から出た
活性酸素を回収し、
呼吸、汗、尿と一緒に翌朝排泄します

ので、
たっぷり睡眠を取れないと
この活性酸素を取り除くことができないので
体の老化が促進してしまいます

妊活中の男女は
元気な赤ちゃんを授かるために

細胞の状態を
可能な限り若くて生きのいい状態
しておきたい

だから
たっぷり8時間は寝て下さい!

ということ。

で、お話長くなりましたが、
このゆっくりたっぷり眠るためには
睡眠導入の
「メラトニン」が分泌されねば
なりません


が、うまく眠れない人はこれが
うまく分泌できない。


うまく分泌できないのはナゼか。。。
原料が無いからです。


メラトニンの原料とはなんでしょう。。。?

答えは
幸せホルモン「セロトニン」

セロトニンの分泌が日中不充分だと
夜にメラトニンを作れないので
寝付けません。

ので、
不眠対策には
セロトニンをまず分泌する

何をするかというと。。。

午前中のお日さまを浴びながら
リズム運動をする

リズム運動とは
呼吸法や
ウォーキング
ラジオ体操など

一定のリズムで呼吸が行われる運動

これを朝日を浴びながら
実施すると

ぽんぽんぽんぽんぽん〜〜♬

とセロトニンが
分泌されます

で、夜になるとこの子が
メラトニンに変身して

ぐっすり眠れる

夜眠れなくて、午後までダラダラ
過ごしてしまうと
セロトニンを分泌するタイミングが
無くなってしまいます。

最初はちょっと意思の力が要りますが

まずは3日間でいいので、
朝日を浴びて運動してみて下さい。

ピルビスワークの骨盤呼吸は
セロトニンを分泌するのにぴったりな運動です

まだご存知無い方は
こちら見ながらやってみて下さい✨

{CB615D09-A51F-4ECD-A57C-EE1CCF760BA2}




Erinaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス