朝、体がだるくてなかなか起きられない | 赤ちゃんを抱きしめたい!を叶える体づくり~奇跡の骨盤体操ピルビスワーク~

赤ちゃんを抱きしめたい!を叶える体づくり~奇跡の骨盤体操ピルビスワーク~

30代後半からでも卵子のアンチエイジングはできる!不妊治療専門医が認める骨盤運動療法


テーマ:

あぁ・・・起きる時間か・・・

もう起きないと・・・

 

でも体がだるい、

布団から抜け出せない・・・

 

これ、よくありますよね

朝起きると体がカタツムリのようになってること

これは体液の流れが悪くなっているときに

起こる現象です。

 

体液というのは、

・血液

・リンパ液

・脳脊髄液(のうせきずいえき)

です。

 

この3つの液体の役割は

・血液=栄養運搬路

・リンパ液=疲労物質排泄

・脳脊髄液=細胞のエネルギー源

 

特に脳脊髄液はあまり耳なじみが無いかと思いますが

 

まぁ簡単に説明すると

体内で生産されている

レッドブル

的な役割。

 

この脳脊髄液がうまく流れていないと

なんか元気無くなってショボーン

なんかやる気無くなってえー

なんか楽しく無くなりますプンプン

 

つまり最悪の気分

ってやつですね。

 

で、朝は

ず~っと横になっていたため、

この3つの体液の流れが悪くなってしまい

 

おもだる~く

なってしまうのです。

 

朝がおもだるいと

一日のスタートが遅くなります。

 

やらなきゃいけないこと

 

やりたいこと

 

やってみたいこと

 

全てが後に後にズレこんでしまい、

「やらなきゃいけないこと」

だけで一日が終わり・・・滝汗

 

なんてこともよくあると思います。

 

だから、朝はスッキリ爽やかに起きたい

 

一日を有効活用したいビックリマーク

そんなあなたに

 

私が実際に実践して

一番効果があった3つの方法を伝えます。

 

 

 

 

朝スッキリ爽やか計画その1

 

遅くても

11:00には布団に入る

 

これ、普通のことですけど結構出来てないのでは?

 

妊活中の方は22:00には眠っていてほしいので

21:30にお布団INをオススメします。

 

なぜならば、成長ホルモンが22:00-2:00の間に出るから!

 

妊活女性は、年齢問わず

若くてイキのいい卵子を育てたいため、

 

成長ホルモン必須!

 

そして7時間は体を横にして、

肉体疲労を取り除く必要があるので、

朝5:00に起きようと思ったら22:00に寝る

 

とっても大事ですね。

 

睡眠不足は妊活の敵です。

最優先で寝ましょう。

 

 

 

 

 

朝スッキリ爽やか計画その2

 

眠る前に白湯を飲み、

目が覚めたら白湯を飲む

 

体液の元は水分です。

水分が足りなければその分、血液やリンパ液はドロドロになり

体が重くてだるくなりますので、

 

コップ1/2~1杯分で結構ですので、

白湯を飲む習慣をつけましょう。

 

 

 

 

 

朝スッキリ爽やか計画その3

 

寝る前のストレッチ

 

眠る前にストレッチを行っていると

日中出来てしまった筋肉の縮まりが

びよ~んと引き延ばされるため

筋肉が弛んでリラックスした状態になります。

 

筋肉が良い感じにリラックスできていると

体液がスムーズに流れるので、

翌朝も全然だるくありません。

 

特に、体の中心にある

骨盤~股関節のあたりをストレッチすると

短時間で効率よく体が弛みます。

 

私はもちろん、寝る前にピルビスワークを一通り

(と言っても眠たいので10分ぐらいのときも笑)

やりますが、

 

うっかりピルビスワークやらないで

寝ちゃった日の翌朝は

こんなです笑

 

やっぱり少しでも体をほぐしてから

眠ると翌朝の爽やか感が

 

全く違います

 

他にも何か朝が爽やかになる方法

みなさんもご存じですか?

 

これいいよ~

 

っていうのがあったら

 

教えて下さいおねがいお願い

 

Erinaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス