オムニバス

オムニバス

ポニョファミリーの海外旅行記です。家族海外旅行記を中心にソロ旅・夫婦旅や食べ歩きなど徒然に日記を書き溜めていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

金シャチ横丁

2018年3月に出来た金シャチ横丁。

名古屋城内に2か所あり、定番の「名古屋めし」が食べられるスポットだ。

正門近くの義直ゾーンは、味噌カツやひつまぶしが食べられる。

名古屋城と言えば、金シャチ。鯱鉾は空想上の神獣。

口から水を吹き出す能力があることから、火除けのまじないとされたようだ。

城を出ると金シャチ横丁。もう落葉が始まっており秋色だった。

以前訪問してから大分時間が経過している。周辺の様子も変わった。

ここにも金シャチのモデルがあった。

誰も考え付かないことを成就すると、後世にまで残るもんだな~~と感心。

秋色に染まった名古屋城周辺。今年もあとわずかだ。

 

フォローしてね!

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

平成に蘇った徳川家の国宝級御殿

名古屋城の本丸殿は、1615年に建造されている。

もう、400年以上も前だ。

でも、1945年の名古屋空襲により焼失。

2009年より復元工事が始まり2018年には第三期として完成公開されるに至った。

だからか、以前名古屋城は訪問した事があるが、本丸殿の記憶がない。30年以上前だったので、そもそも無かったのだ。

部屋ごとに異なるテーマで描かれた障壁画。これは狩野派の絵。

上下の部屋は将軍の部屋。本丸殿で最も格式が高く、最も豪華。

ベルサイユ宮殿を思い出した。豪華絢爛。その一言。手法は違えど権力者の証。

大胆にして繊細な対面所。藩主と家族・家臣との私的な宴席の場。

徳川家ということで、日光東照宮のそれとも比べも遜色なし。

どの国も権力者は煌びやかな金が好きだったようだ。

本丸殿を堪能し、再度名古屋城の障壁をぐるっと一周した。

それにしても金鯱鉾も凄いと思った。

 

フォローしてね!

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

名古屋城に輝く金鯱鉾!

新横浜から名古屋は、ウトウトする時間もなくあっという間だった。

午前8時30分には名古屋到着し、観光スタート。

一旦、JR名古屋駅の真上にある滞在予定先ホテルへに荷物を預け出発した。

やっぱり駅傍のホテルは便利だ。

名古屋城!天守の上に輝き、名古屋のシンボル金鯱が素晴らしかった。

3連休初日は、凄い晴天に恵まれ観光日和。しかも、何故か観光客がいない。空いていた。

まずは、JR名古屋駅から地下鉄で移動した。市役所駅で降り、徒歩5分。

駅の階段が、名古屋城の絵。気分が高まる。

しばらく歩くと、お濠があった。城の造りは、どの城も基本一緒。

名古屋城は、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康の命により築城され、9男の徳川義直が初代藩主として入城した。

重要文化財の「本丸表二之門」。土堀には鉄砲狭間が開けられていた。

名古屋城の中でも、この文化財は現存する数少ない創建時の建造物だ。

車寄。車寄は将軍など正規の来客だけが上がる本丸御殿への正式な入口。

金鯱鉾にズームで寄ってみた。僕のレンズではここまでが限界だったが、金色が太陽に照らされ、眩しく輝いていた。

 

豆知識だと、昔創建時の金鯱は、1940枚もの慶長大判を使っており、金の総重量は215.3kgだと言う。金額にすると・・・・15億ぐらい(現在価値)。昔の権力者の絶対的な力がよくわかる。ヨーロッパにも古城がある。日本の城も、基本は軍事基地。発想が良く似てると思った。

 

フォローしてね!

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村