できるところだけに目を向ける | 摂食障がい当事者グループ”たちあおい”の軌跡!!

摂食障がい当事者グループ”たちあおい”の軌跡!!

埼玉・大宮で活動中の摂食障がい当事者グループです。
「癒やし空間」を中心に個人個人がやりたいことを具現化できる
環境つくりを行っています。
テーマは、「居場所」「繋がり」「和」



みなさん苦手な事はありますか!??

「あれができない!」
「これができない!」と

日々悩む事は多いんじゃないかな?と思います。

自分もやらないと〜と思っても睡魔に負けたり
色々と程のいい言い訳をしたりします。

そして、「こんなんではいけない」と
だったらやらなきゃ良い!と
逃げてしまう事を繰り返してきました。

例えば「中退」もそうかな?と思ってます。

もちろん「中退」にも種類があるので、
一概には言えません。

ただ、「こんな自分じゃダメだー」と
自己否定だけでその場から辞めてしまうのは
勿体ないな!と振り返って思いました。

なんか自分は、「みんなと仲良く話せて」とか
「その中心に居ないといけない」とか
「笑わせてない自分には価値がない」と
勝手に自分の首を締めていたように感じます。

自己成長の為には、上を見るのも良い事は
あります。

ですが、自分よりも出来てる人を見て
できない部分を探して勝手に落ち込む。

このサイクルが自己否定の要因だったと
思います。
 
たしかに周りからは比べられますし
勝手に好きな事を言われます。

「周りと比べて暗い」とか
「あの人の方が面白い」とか
「あの人の方が成果を出してる」とか。

今は営業なので数字で突きつけられます。

ただ、それと自己否定は本当に結びつくのか?

数字が低いから。
笑いが取れないから。
明るくないから。

という一面的な理由だけで

「人の価値は減るのでしょうか??」

人は色々な特性を持っています。

そして、初めからうまくやれる人は居ません。

皆試行錯誤をしています。

だから、考えて行動する事をしている限り
人からどうのこうの言われても落ち込むことって
意味があるのかな?と思いました。

むしろ、チャレンジしてる人を応援できない周りが問題じゃないかな?と思うことすらあります。

周りを責めた所で変わらないで、自分の
やることに集中して取り組む。

そんな中で必ず結果は出てきます。

そして、得意な事も見えてきます。

そしたら、欠陥してても笑って許される様にも
なります。

この時代に平均的な人って面白いですか?

大袈裟ですけど、トップYOUTUBERの人は
皆個性という色がありますよね??

無色の人って観られますか??

何かに突出してる人って面白いし
魅力あるんですよ!

自分を殺して周りと上手く上辺だけ
付き合ってる人って一昔前前なら

「空気読む人だねー」と重宝されましたけど、
今は「つまらないなー」と思われる比率も
増えて来ている気がします。

色々なイベントに出ても特徴がないと
観てもらえませんし関心を持ってもらえません。

みんなから好かれる為に、凹んでるところを
気にするよりも、出っ張ってる部分を
さらに出っ張らしてあげた方が良いんじゃ
ないでしょうか??





〜たちあおい各種SNS&連絡先〜

連絡先 info@tachiaoi.jp
    

Twitter


ホームページ http://tachiaoi.jp

ブログアカウントhttp://ameblo.jp/tachiaoi2013

YouTubeアカウント

Instagram