ステーキがなかなか切れない人の切り方の共通点とは? | 東京銀座の食事マナー教室 テーブルマナーで誰からも一目置かれる素敵なアラフォーになる方法

東京銀座の食事マナー教室 テーブルマナーで誰からも一目置かれる素敵なアラフォーになる方法

マナーを通して、真の美しさと豊かな心の育み方をお伝えします。
基本からしっかり学べる食事マナー教室 マナーサロン・シンデレラ株式会社 代表取締役 須釜 崇枝 公式ブログ

こんにちは。 須釜 崇枝です。

 

ステーキがなかなか切れない理由の一つは、フォークがしっかりと刺さっていないからかもしれません。

 

 

お肉料理がスムーズに切れないことってありますよね。

 

もちろん、お肉の部位や焼き加減によっても切りにくいことはあります。

 

ですが一番の要因は、フォークがしっかりと刺さっていないことが多いです。

 

フォークがきちんと刺さっていれば、支えがしっかりするので切りやすくなりますよ。

 

それと、ナイフとフォークを正しく持つことも大切です。

 

持ち方を見直して、お肉が切りやすくなったという方々からのメッセージをご紹介させていただきますね。

 

先日はマナー講座に参加させていただきありがとうございました。

また、ご丁寧なメールもありがとうございます。

あれから、自宅でもフォークとナイフを使う機会がある時には、意識して練習をしています。

カトラリーの持ち方を変えてみたら食材がスッと切れるようになりました!

ちょっとしたコツなのですね~。

その他にも細かいアドバイスがとても参考になり日常の所作にも応用できるなと思っています。

今回ご縁をいただけて本当に良かったです。

ありがとうございます(^_^)

 

こんにちは。

 

ご回答いただきまして、ありがとうごあいます。

 

ソーススプーンの件、しっかり頭に入れておきます。

 

今週末も早速フレンチをいただく予定がありますので、実践してみます。

 

お肉を切る際、手首に気をつけましたところ、大分お肉がすっと切れるようになりました。

 

今後とも宜しくお願いいたします。

 

ランチをいただきながらのテーブルマナーレッスンでは、ナイフ・フォークの正しい持ち方からお肉をスムーズに切るコツもお伝えしています。

 

次回のレッスンは1月25日(土)です。

 

詳細はこちらです