インドネシアのテーブルマナー テーブルマナー教室 東京銀座 | 東京銀座の食事マナー教室 テーブルマナーで誰からも一目置かれる素敵なアラフォーになる方法

東京銀座の食事マナー教室 テーブルマナーで誰からも一目置かれる素敵なアラフォーになる方法

マナーを通して、真の美しさと豊かな心の育み方をお伝えします。
基本からしっかり学べる食事マナー教室 マナーサロン・シンデレラ株式会社 代表取締役 須釜 崇枝 公式ブログ


テーマ:

こんにちは。須釜 崇枝です。

 

東洋英和女学院大学で行われた、インドネシア大使館のセミナーへ行ってまいりました。

 

 

今までに様々な国を旅行しましたがインドネシアはまだ行ったことがありません。

 

30年ほど前に両親がインドネシアを旅行した時は、私は学校があったので留守番でした。

 

今回、色々な側面からインドネシアについて学び、行ってみたくなりました。

 

講演してくださったのは、アンディ アルディアンシャ参事官。

 

政治、経済、文化、観光など日本との関係を交えながら、分かりやすくお話しくださいました。

 

たくさんの島からなる国だということは知っていましたが、17,504島もあると聞き、驚きました。

 

そして、公用語のインドネシア語を含め、700以上の言語が使われているそうです。

 

また、インドネシアの方々は、日本に行ったことがなくても日本に対して憧れがあるそうです。

 

五輪 真弓さんの「心の友」という歌は、インドネシアでは誰でもが知っている有名な日本の歌だそうです。

 

もちろん歌詞の意味はわからなくとも、メロディーがとてもきれいなので愛されている、とのこと。

 

参加者の間から口々に「へえ!!!」と驚きの声が聞こえてきました。

 

もちろん、私もその一人。

 

日本の最近の若者には、インドネシアのことがほとんど知られていない、知らない人が多い、と仰っていたのが心に残りました。

 

今年は日本とインドネシアは、パートナーシップ60周年という記念の年。

 

日本の若い世代にインドネシアの魅力を伝えるイベントが増えたら、双方の文化交流ももっと盛んになるのではないでしょうか。

 

講演の後には、インドネシア料理のご紹介もありました。

 

 

インドネシア風の焼き鳥サテや、ナシゴレン、ピーナッツソースでいただく蒸し野菜のサラダなどをいただきました。

 

 

インドネシア料理は、手でいただくお料理もありますが、スプーンとフォークがよく使われます。

 

右手にスプーン、左手にフォークです。

 

スプーンはスプーンの役目としてだけではなく、ナイフ代わりとしても使います。

 

比較的柔らかいお料理がお多いので、スプーンで十分に切れるからかもしれませんね。

 

今回はお箸でいただきましたが。 

 

海外旅行に出かける時は、その国の名物料理やその国の食事のマナーも知っていると、旅行がさらに楽しくなりますよ。

 

普段からナイフとフォークに慣れておくとどんな国でも対応できます。

 

まずはこちらの講座で慣れましょう。

 

 

 

ナイフ・フォークに慣れることから始めましょう

・11月17日(土)開催 はじめてのテーブルマナー(講義編)

 

マナーの企業研修もお気軽にお問い合わせください。  
・お問い合わせはこちらまで

 

マナーサロン・シンデレラ株式会社
東京都中央区銀座2-12-12深山ビル5F DearWOMAN内
ホームページ:https://manners-cinderella.jp
お問い合わせ:お問い合せはこちらです

Tel/Fax 03-3451-4048 

 

銀座の食事マナー教室 マナーサロン・シンデレラ 須釜崇枝 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります