自然体験を旅に暮らしにプラス  

自然体験を旅に暮らしにプラス  

石川の自然と人とふれあい、これまでと違った視点に気づくとワクワク。楽しくなる。

Amebaでブログを始めよう!

こんにちは。

金沢の雪、立春をすぎて、冬らしくなりました。笑

 

少し前のレポートになります。

ほっこり楽しいひと時だったので報告いたします。

 畑からでてきた土器!

 

植物、虫、菌、、多種多様な命を育む土。

私は土の匂いが大好きです。皆さんはいかがですか?

 

山道を踏みしめた時にふっと舞い上がる匂い、植木鉢の土をシャベルで掘り起こした時の匂い、

太陽に照らされむ〜っと地面から沸き立つ匂い…。

土の匂いは気持ちがフワ〜っと軽くなり、開放的な気分にさせてくれるのです。

 

金沢から車で40分ほどの郊外、とあるお宅の家庭菜園にお邪魔して「キクイモ」を収穫しました。

畑仕事は自然体験なの?と思われるかと思いますが、農作業や漁業などの一次産業体験も「自然体験活動」と呼ぶのだそうです。

12月とは思えない暖かなこの日、キクイモに興味津々な5人が畑に集まりました。

案内人のんべえさんから、作業の説明を受けてから、皆で手際よく土を掘りキクイモを収穫していきます。

まず鍬で株を起こし、土の中からイモの部分(地下茎)を取り出すのですが、コロコロと白いキクイモが現れると思わずニンマリ♫。

「こんなにつながってるんだ!」

「どう料理しましょうか?」

「生でも食べられるの?」

「健康にもよいらしいよ♩」

ワイワイ賑やかに作業は進み、袋いっぱいにお土産のキクイモをいただきました。

そしてお昼は薪ストーブにあたりながらの試食会。

メニューはキクイモの粕汁、キクイモきんぴらです。

シャキシャキとした歯ごたえ、つんとした独特の香り、どれも美味しくいただきました。

キクイモは、ヘルシーベジタブルなどと言われていますが、日本に幕末〜明治初期に家畜の餌用に持ち込まれた外来植物です。

繁殖力が強いので、畑に植える場合は他所へ広がらないよう注意せねばなりません。

美味しいし、夏に咲く花はまるでミニひまわりのように可愛いのですが…。 

 

そんなちょっとした勉強?もしながら、この日の体験を終えました。

皆さん、お土産のキクイモでどんな料理を楽しまれたでしょうか?

 

この体験には、リラックス効果があったような気がしています。

またこんな気分になりたく…、いただいたキクイモもを一つ、小さなプランターに植えてみました。

                                      

                                                     文と写真:りこ