龍吟 六本木

世間は3連休~皆様、楽しいHolidayをお過ごしでしょうか?
忘れないうちに昨夜の写真をアップしま~す。

先日前もって場所を下見目がハート相当、気合入っていましたあっかんべー最初にお店の名前を聞いた時は実家にある老舗『牛銀』に聞こえた私~東京にまで出店したのね~なんて思っておりましたたらーっ(汗)よくよく聞けば『龍吟』微妙に違うじゃありませんのぉ~オッホッホッホッあせあせ

お店の名前と佇まい外観からは日本料理というよりは中華っぽい印象。ガラガラっと扉を開けると鰻の寝床のように奥行きがあり足元にはイチョウの葉っぱが落ちていていかにも秋っぽい雰囲気が漂っていました。
まぁ、素敵ぴかぴか(新しい)

お店はDinnerオンリーの営業でコースは3種類。最低でも15750円~です。メニューを見て目が点になりながらもそれを注文しようとしたところ「これを~」となっなんと一番お高いコース(26250円)を頼まれているでは??ひょえっ…一体どんなお料理が出てくるんでしょう??

アミューズはこれまた凝っていたこと~


こちらは熱々の枝豆のスープ~下のガラスの器に注いでくれました。




先にスプーンに乗っているおからのコロッケを頂きます。




続いて冷やし野菜~冷奴みたいですがこちらはフォアグラちゃんです




冷たい前菜~牡蠣がNGな私は替わりにアワビ・帆立・いくら入り




温かい前菜~フカヒレの揚げ物チキンテンダーかと思ったのですがあせあせ






お椀~はもでございます。




お造り~大間のマグロ最高



トリュフ入りの茶碗蒸し~香りが良いですっ





名物泳がしアユの炭火焼バブルはスダチで出来ています。手描きなんですって




肉のスペシャリテ~ステーキですが味付けは肉じゃがです




撮り忘れましたが、大きな釜で作って下さった鯛釜飯
鯛がいっぱいで美味しくってなんと4杯も食べてしまいました。


デザート編~この巨峰なんと、スパークリングで触感がシュワシュワ
はじけまくりでした。器に注目。唇ですよ





栗のスフレ・マンゴーソース添え





デザートタイムにはなんと、5種類のお茶を出してくれました。
ほうじ茶→緑茶→ピーチティ→ジャスミンティ→栗茶

持って来て下さる度に色が違うんであれっと思ったら…珈琲や
紅茶でもなくって。かなりバラエティに富んでいます。


http://www.nihonryori-ryugin.com/index_3.html

フレンチ並みにゆっくりディナーを楽しめました。

当初、ゴホゴホと咳をする私に白衣の天使ナースのお姉さまは
「怪しいわねその咳、言ってくれたらお薬持ってきたのに」と

しかし、こんなにも美味しいものをいっぱい頂いたおかげで
一晩寝たらピンピンと復活~。これぞきっと龍吟パワーです。

滞在時間4時間~

お勘定は3人で10万近く、ご馳走して下さったジェントルマンは
「特に趣味もないし、使う道がないので。こうして美味しいもの
を頂いて喜んでもらえたら」と。とても太っ腹です。

年に1度の誕生日や記念日で来る、そんなレストランレストラン
何でもない日に連れて頂き大変、恐縮ですが。こういうお店
でお食事する事は私にとってはまさに社会見学であり~経験
です。また帰りはレインボーブリッジを横目に見ながらの
ドライブ☆夜景がとても綺麗でした。