壮行会@関西大学 | たびこと中国語

たびこと中国語

中国語大好き!そんな日々をまったり更新中。


テーマ:

中検の試験勉強でチェックするのが遅れましたが、先日関西大学で高橋選手と町田選手の五輪壮行会があったのですね。


関西大学の記事


http://www.kansai-u.ac.jp/mt/archives/2014/01/post_812.html


関西大学では、トリノ五輪以来、世界選手権だけの年も含めて私の在学中にも男子シングル選手の壮行会が例年開かれていました。



今日はその中でも一番写メを多く撮った、2008年の世界選手権壮行会の様子をブログに書きたいと思います(^-^)




会場は千里キャンパスの大ホールです。
会場に着いたら、馬がいました。


なぜ馬かというと、この年は馬術部も成績がよくそのアッピールのために来ていたようです。

びっくりしました。





会場はすごい人です。

私たち学生も含めて、大勢の人が高橋選手を出迎えました。


付属高校の高校生たちも二階席に集団で来ていて、えらい騒ぎでした。

フィギュアスケートの本番会場よろしく、熱気で暑かったです。


席はけっこう前の方の列に座れてラッキー。

高橋選手、私のすぐ横を通って入場してきました(///∇//)

入って来た際の歓声のすごさに、本人がほとんど半笑いになっていたのが見えたのを覚えています(笑)

ちょっとびっくりしてたのかな?


写真で、中央に写ってマイクの前でしゃべっているのが高橋選手です。

壇上のスクリーンにも大写しになっています。


この年はショートプログラムであのヒップホップ白鳥の湖をひっさげ、

世界選手権で日本人男子初の金メダルを狙って乗り込もうというシーズンだったので、

高橋選手の知名度も期待値もうなぎのぼり。

ちょうど熱いファンが増えている年だったのだと思います。


前々シーズンの、トリノ五輪の頃からファンを始めた私には感慨深い現象でした。




ふりそそぐ写メの嵐。

無駄のない体型で華奢だけど何かオーラのある人、という印象でした。


フィギュアスケートの選手って、生で見ると全体的に華奢な人が多い気がするんですよね。

テレビでアップを見ると、筋肉はしっかりついてるんだけど。

オンシーズン中はすごく絞る努力してるんだろうな。





大学のお偉いさんたちと記念写真。

かなり見えにくいけど、真ん中にいらっしゃいます。 



この後会場に来た人へのプレゼントとして、

その場でサインしてもらうポストカード?を高橋選手とのじゃんけん大会で奪い合うというオマケ付きでした。


私も挑戦しましたが、三回目あたりでカンが外れ高橋選手に負けました(笑)


高校生組が賢くて、

それぞれグループをつくって出す手を決め、

最後まで必ず誰かが残るように工夫してほとんどのポストカードを奪っていったようです。


あまりの熱気と騒ぎで頭がぼぅっとした状態で、会場をあとにしました。


懐かしいなぁ。



今年の壮行会で登場した町田選手も、何年かの卒業式でスケート部の先輩方を見送っている姿をお見かけしたことがあります。

織田選手は講義が一緒になって握手を求めたことがあります(^^;)

かなりびっくりしてはりましたが、快く握手してくださいました...


その他にも、関大生には年に何回かスケート部の方々が練習している高槻キャンパスのリンクで滑らせてもらえる日があります。

私も何度か参加して、あのリンクで滑ってきました(≧▽≦)


今度そのことも記事に書きます!


そんなわけで、スケートファンの方には関西大学への進学おすすめです。

私は受験で選んだ当時はフィギュアスケートのことまったく知りませんでしたが、

入学した年がちょうどトリノ五輪のシーズンで織田選手と高橋選手のライバル対決が話題になっていた年だったので二人のことを知り、実際の試合を生で観戦する機会に恵まれました。


織田選手が初優勝して、大泣きのキスクラで有名になったNHK杯が初観戦です。

あの時の泣き声、会場で聞きましたよ(笑)びっくりしました(笑)


以来、男子シングルの魅力にハマってしまい今に至ります。


つらつらと書いてしまいましたが、

ソチ五輪でも同学の二人の活躍を祈ります。


頑張れー!

たびこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス