ツワブキ
大嘗祭一般参観会場の廻立殿(かいりゅうでん)大嘗宮の儀に先立ち、天皇皇后両陛下がお召し替えなどをされた建物の裏手にツワブキが沢山咲いていました。
 
 
 
ツワブキ(石蕗、艶蕗)キク科ツワブキ属に属する常緑多年草である。葉柄は食用になる。
つやのある大きな葉を持っており、毎年秋から冬に、キクに似た黄色い花をまとめて咲かせる。
 
 
そのため「石蕗の花(つわのはな)」は、日本では初冬(立冬〔11月8日ごろ〕から大雪の前日〔12月7日〕ごろまで)の季語となっている。
 
「ツワブキ」という名前については、艶葉蕗(つやはぶき)、つまり「艶のある葉を持ったフキ」から転じたとする説のほか、厚葉蕗(あつはぶき)、つまり「厚い葉を持ったフキ」から転じたとする説もある。
 
 
ほかには「ツワ」・「イシブキ」・「オカバス」・「オバコ」などとも呼ばれ、沖縄方言では「ちぃぱっぱ」、奄美方言では「つばしゃ」・「つば」、宮古方言では「つぱぱ」、八重山方言では「ちゅぶりんぐさ」(頭の草)と呼ばれる。
 
コメント欄に「画像認証」を設定されている方には数字が間違い易いのでコメントをスルー致しますが悪しからずご了承ください。
 
本年最後の小旅行のため、4日までブログ更新は有ません。