こんにちは、旅する鍼灸師の山本です。



今朝は、うち(北馬込)の近所にある「源氏前小学校」へ行ってきました。


そこの、子供たちと保護者を対象(約50名)にした特別授業を頼まれ、30分ほど身体と心の繋がりを体験してもらいました。


貴重な機会です!爆笑


{E665FDE6-C3E4-4A29-8544-F14DBB17CDE0}


{E40EA221-6BFD-4789-9C33-28DCF2846825}



子供たちは集中力が5分ともたないので、パッパとエクササイズを変えつつ、感覚を身体に通してもらいました。



「姿勢をよくしなさい!」

「行儀よくしなさい!」

「嘘をついてはいけません!」

「弱いものイジメはいけません!」



きっと、子供達が親や先生から言われてきた言葉のはず。

僕ら大人も、自分が子供の頃に言われてきましたよね。


だから、これをテーマにしよう!

そう思って挑んだ30分です。




「なぜ姿勢をよくする必要があるのか?」

「なぜ悪口を言ってはいけないのか?」

「なぜ素直にならばければいけないのか?」

「強いとはどういうことなのか?」



知識や道徳的にはわかっていても、身体ではわかっていません。

これを、気功的な立場で伝えることにしました。


だから、まず自分の身体で体験です!


{916C8C3F-ADF7-407A-A477-DE95A2BD702C}

{9C671FAD-419D-4400-8EF5-F29D108D5E10}

{383AC38B-5490-46D3-AD01-123347C79033}

{8B69EAF0-8643-4819-9AE8-B7BE595AA346}


・良い姿勢と悪い姿勢で心の状態が変わる

・悪口を言うと重心が崩れて弱くなり、良い言葉を言うと強くなる


という事の体験をメインにしてもらいました。


個人差はありますが、押されて姿勢が崩れたり、逆に鉄柱のように強くなったりします。


頭はすぐに嘘をつきますが、身体は正直です。
自分の身体で理解すれば、それは事実です。


そのためにまず

「立つ」
「座る」

姿勢の作り方を教えました。


僕が、医術修業の中でさんざん師匠に叩き込まれてきたことです。

「立身中正 虚領頂勁 氣沈丹田 鬆静自然」


これらは「タントウ功」の基本であり、鍼灸をする上でも重要ですし、生きる上で必ず役に立ちます。


「強いってなに!?」

これは、言葉では言い表せられませんし、それぞれの「強さ」があります。

しかし、身体を作ることは、全ての道に通じます。
そのことを伝えてきました。



時間が短いので、全員が感じられた訳では無いでしょうが、伝えられる情報は受け渡してきました。

あとは、いつの日か、1人でも何かに気づいて、思い出してくれたらと思います。



最後に、仙人長寿功の中の3つの運動を一緒にやって終了。

サンチンをやるまでの時間は無し。


{E3F16351-74E2-42A7-992C-D84FB2F8B6A7}

{D47DF9FC-DE8A-43A0-AB7C-22808E3A73DE}

{BA853564-1C8E-4A76-819E-4D09BE140F5F}

{B6B76430-802F-45B0-AF57-4EF65F204012}


まーなんとか無事に終わりホッとしました。



西宮からこの地に引っ越してきて約2年。


ほんの少し、お友達が増えた感じです爆笑


ありがとうございました!


【荏原町・旗の台・西宮の鍼灸・漢方相談】
はり楊鍼堂
東京: 東京都大田区北馬込1丁目(詳しくは御予約の時にお伝えします)
西宮:兵庫県西宮段上町2-10-7(2ヶ月に一度くらい帰ってます)

全国各地へ往診しています!!

予約・問合せ・相談は
右矢印コチラ
コンセプトやメニューは
右矢印コチラ
インスタグラムは
右矢印コチラ
オンライン気功教室は

旅する鍼灸師 山本浩士(Hiroshi Yamamoto)
・鍼灸師(厚生労働大臣免許)
・医武道家(気功、内家拳、古武道、唐手)
医武整法門(気功、護身、東洋哲学の塾)
・東洋医学講師
一般社団法人 セルフメディケーション協会
薬日本堂 漢方スクール
AD