世界一周写真館~World Travel Photo Gallery

30歳の誕生日を迎えた2012年3月~2013年3月まで、360日間世界一周54カ国の旅に出てました。このブログは旅で体験した事や撮り集めた写真を発信してます☆また2014年6月から世界二周目を計画中。出発後は旅のリアルな情報を発信予定です☆


テーマ:
2012年6月インドの猛暑と雨季から逃れるようにインドを北へ北へと北上していた。

次に目指すのパキスタン国境に近いアムリトサルという街。

ここはシク教の聖地であり金色をした黄金寺院というのがある。


よく分からんけど「聖地」と聞くとなんか通り過ぎてはいけない気がして・・・

そんな薄っぺらい動機で行って見ることにした。


日本人がインド人を思い浮かべると頭にターバンを巻いた人を思い浮かべる人がいるかと思うんだけど、そのターバンを巻いた人というのがまさにシク教の人々。

アムリトサルのゴールデンテンプル

巡礼宿


地図で見たらすぐ分かるけどインドでもかなり北の方

すぐ西にはパキスタンがある。


より大きな地図で アムリトサル_インド を表示

アムリトサルには首都のデリーから電車で向かった。

駅についてまずは宿探し。

黄金寺院に隣接して

無料で宿泊できる巡礼宿がある

と聞いていたのでそれを探す事に。

手がかりは「グルーラームダースニワース」

どう発音して良いか分からないし探すのに苦労した。

野良犬に追われたりしながらなんとか到着。

アムリトサルのゴールデンテンプル

受付で名前を記帳すると部屋に案内された。

小さな部屋にベッドが三つ、欧米人バックパッカーと相部屋。
全く文句の無い上出来な寝床だった。

↓後ろの壁にドネーションボックスって書いてあるでしょ?

チェックアウトする時はここに寄付を入れる。
いくら入れたか忘れたが相場とやらを入れてきた。

アムリトサルのゴールデンテンプル

ちょうどご飯が出る時間だと言う事で場所を教えてもらった。

部屋を出て少し歩いたところに大きな建物があり、すでに数百人の人が並んでいる。

どう見てもインド人しかいない感じだけど
本当に俺もここで食べて良いのか不安だった。

アムリトサルのゴールデンテンプル

そんな不安げな眼差しをキャッチしてくれた少女が俺に話しかけてきて

「あなたは頭にタオル巻いてるから大丈夫よ」

みたいな事を言っていた。
そう、それがシク教のルール。

その少女が
「ここでお皿をもらってこの辺に座ってれば大丈夫」
っと親切に教えてくれて食事をご一緒する事になった。

アムリトサルのゴールデンテンプル

するとバケツを持った人が少しずつ食べ物を分け与えてくれる。

日本で言うとこのカレーってやつ。

アムリトサルのゴールデンテンプル

続いてチャパティが配られる。

「チャパティ」ってのは「ナン」はみたいなもんなんだけど、もっと薄くてパリッとしている。

「チャパティ」に比べりゃ「ナン」は高級品。



そしてそろった食事がこちら。

かなり質素だが無料で食べさせてもらえるんだから文句はない。

残さず綺麗に食べるのがせめてものマナーかね。

アムリトサルのゴールデンテンプル

みんな一口一口噛み締めて食べている。

それにしても目の前のおっちゃんと良く目が合う笑

アムリトサルのゴールデンテンプル

お皿も自分たちで洗う。

何百人どころか1000人以上の巡礼者が食事をしていたと思う。

アムリトサルのゴールデンテンプル


黄金寺院-ゴールデンテンプル-


黄金寺院はかなり広い。

真ん中に不死の池という四角い大きな池がある。

それを囲むように大理石で出来た回廊があり、さらにその外側に白くて立派な作りの建物が四角く囲っている。

アムリトサルのゴールデンテンプル

不死の池にはターバンを着けたまま沐浴する巡礼者がたくさんいる。

アムリトサルのゴールデンテンプル

その池のど真ん中に黄金寺院が建てられている。

一目でこれだ!って分かるくらい金色に輝いている。

アムリトサルのゴールデンテンプル

みんな黄金寺院に向かって祈っていた。

小さな子供が祈ってる姿も可愛らしい☆

アムリトサルのゴールデンテンプル

ここではすごい写真を撮られた。
インド人は皆写真が好きだけど、特にたくさん撮られたかな。

この人達もみんなカメラ持ってて
「次は俺の!次は俺の!」みたいな感じで撮影会状態。。。

でも楽しかったけどね☆

アムリトサルのゴールデンテンプル

アムリトサルの旧市街


黄金寺院に限らず、旧市街を歩いてみても人がみんな人懐こかった。

バナナを食べながら

「日本語でアイラブユーは何て言うんだ?」

って聞いてきたおっちゃん。

「アイシテルだよ」って何度言っても

「アイシュテイ?」

「アイシュテイ?」って繰り返す笑

アムリトサルのおっさん

「フォト!」「フォト!」

と叫んで写真を撮らせたがる小僧とか。

お前ずいぶん余裕だけど後ろ大変な混み具合だぞ?笑

アムリトサルの子供達

一人の少年に「着いて来い」

って言われて着いて行ったら
友達をたくさん紹介されて写真撮らされたり・・・

アムリトサルの子供達

しまいにゃ「じいちゃん紹介するから!」

とか言われて着いて行ったら

半端ない目力の鍛冶屋だった笑

撮ったあと、この刀で切られないか心配したw

アムリトサルのおじいちゃん

人を騙す事しか考えてない首都デリーの人に比べて

アムリトサルは人がすげー温かい街だった(´∀`)


こーーーんなに窮屈に詰め込まれてもカメラを向ければ

みーーーんな笑顔になってくれる('-^*)/


アムリトサルの子供達


いい思い出をありがとう(^人^)


日本ブログ村のランキングに参加しています☆

楽しかったよ!という方は記事を読んだあとに「いいね!」みたいな感覚で下のボタンをポチッとクリックしてもらえると嬉しいです!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ーーー追記2016/3/23ーーー

daiki55.com
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

世界一周写真館さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。