世界一周写真館~World Travel Photo Gallery

30歳の誕生日を迎えた2012年3月~2013年3月まで、360日間世界一周54カ国の旅に出てました。このブログは旅で体験した事や撮り集めた写真を発信してます☆また2014年6月から世界二周目を計画中。出発後は旅のリアルな情報を発信予定です☆


テーマ:
旧ソビエト連邦の構成国のひとつで、1991年に独立したグルジア。

トルコの北東に位置し俗にコーカサス地方と呼ばれている。



より大きな地図で グルジア_クタイシ を表示


バスタブの赤ワインが飲み放題?!



正直グルジアという国を初めて知ったのはイランを旅していた時だった。



イランで出会った日本人が

「グルジアめっちゃいっすよ~!!」

「ワインが飲み放題っすよ~!!」

「スリコっていう爺ちゃんち、絶対行った方がいいっすよ~!!」


なんて興奮気味に話していて、酒が好きなのに酒が飲めないイランに滞在中だった僕は聞いているだけでワクワクしたのを覚えてる。


2秒で行くっしょ!って決めた。





事前情報をまとめるとこんな感じ。


超酒好きのクレイジー爺ちゃんがいて、旅行者を泊まらせてくれるらしい。


バスタブに入った自家製ワインが飲み放題らしい。


人間世界遺産と呼ばれているらしい。


もはやグルジア1の観光スポットと言っても過言ではないらしい。


メディコという奥さんがいて、手料理がめちゃ美味いらしい。



人間世界遺産スリコの家へ



イランから隣国のアゼルバイジャンという国へは徒歩で国境を越える。

そしてアゼルバイジャンで何泊かしたあとに夜行列車に乗ってグルジアへ向かう。


グルジアではまず「トビリシ」という都市に滞在したんだけど

ここにもワイン飲み放題の「ロマンティックホテル」

ってのがあって、しかも一泊約500円!!


物価安いし、ワイン飲み放題だし、ご飯は美味いし

グルジアはすぐに好きになった。




早くスリコの家に行くつもりが予想外の居心地の良さに一週間位滞在しスリコの家に向かった。

まずトビリシから乗り合いタクシーで「クタイシ」という都市に向かう。




クタイシのバスターミナルからスリコの家への行き方は

普通には辿り着けないごく普通の住宅地にあるので

周辺都市で知り合った旅行者から情報収集してくださいね。

日本人旅行者ならまず知ってます!




こちらがスリコの家。

本当普通の家なのでタクシーの運転手とかに聞いても誰も知らない。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


到着するとスリコは外出中みたいで、奥さんのメディコが優しく迎え入れてくれた。

メディコは多少英語が喋れる。

「ウェルカム!」

「シッダウン!」

「イート!」


が口癖。


予約なんてシステムはなく、いきなりお邪魔しまーーす!!って感じで行く感じ。

こちらがベットルーム。男女混合で8つ位ベットがあったかな。


グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


もしベットが埋まっていてもソファーとか空いてるスペースで寝かせてくれるらしい。



ベットが空いているのに屋上のハンモッグで寝る強者の外人もいた笑

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家



この時泊まっていたのは外国人旅行者2名と日本人老夫婦2名。


夕方到着だったので、そのままのんびりしているとキッチンから美味しそうな匂いが漂ってくる。


その匂いにつられて来たかのように噂のスリコが帰宅。

続いて他の宿泊者たちも帰宅。


スリコ劇場の始まり



スリコは英語が喋れないがとても紳士的で、穏やかに夕食が始まった。


グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


美味しそうなメディコの手料理に紛れて、謎の角があるのに気付いたでしょうか・・・


この「謎の角」実はワインを飲む為の「グラス」なのです。




地下から大量のワインを持って来て、「謎の角」になみなみと注いでくれるスリコ。


自分の角にもなみなみと注いで、腕をクロスさせて一気飲み。


グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家

(まだシラフなスリコ)


この角、困った事に飲みきらないとこぼれてしまう為、置く事が出来ない。


なので料理を食べたければ一気に飲み干すしかない。





ちなみにスリコの家では飲んだあとに角を逆さまにして、一滴すら残っていない事を証明しなければならないスリコルールが存在する。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家





僕に飲ませたあとは引退後ずっと旅をしているという日本人老夫婦に容赦なく飲ませる。


グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


(  ゚ ▽ ゚ ;)・・・ヤバイ

スリコのテンションがいつの間にか上がってる!!






この老夫婦にもクロス一気を強制。

いやいや、スリコもスリコだけどこちらの老夫婦も大したもんだ(°д°;)

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家





続いての被害者は外国人旅行者。

とにかく飲ませるスリコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


これはベル。スリコの家では「グラス」と呼ぶ。

基本的に置く事の出来ない形状の物は全て「グラス」と呼ぶ。


グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家




ちなみにこの「グラス」で一気飲みしたあとは逆さまにしてベルを鳴らすのがルール。

一気飲みしてベルを鳴らすスリコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家



こちらは飲んでいるグラスに、もう一つのグラスで注ぎながら飲むという

なんとも意味不明なスリコの得意技の一つ。


グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家



一気飲みした後にガッツポーズを決めるスリコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


ガッツポーズの時は決まって言うセリフがある。

「サームラーーーイ!!!」




・・・そう、スリコの口癖は「サムライ」




こちらも床に置いたワインを手を使わずに持ち上げ、そのまま飲み干すという二つ目の得意技。

得意気に「技」を披露するスリコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家




そんなスリコのテンションはどんどん上がっていく!!

ここまで来るともう誰も止める事は出来ない。

妙な「技」を強制させるスリコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家



「サムライ」と書かれた帽子がお気に入りのスリコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


ワインだけでは物足りず「チャチャ」と呼ばれるロシアのウォッカまで出て来て

さらにテンションあげあげなスリコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


日本の民謡が録音されたカセットテープを流し始めると・・・

踊りだすスリコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


日本人も負けずに踊る!


日本から遠く離れたごく普通の家庭で、言葉も通じない同世代くらいのお爺ちゃんが、

ワイン飲んでウォッカ飲んで日本の民謡で踊ってるって・・・




や~なんかめちゃいいね、こういうの!!

ラブラブなスリコとメディコ



さすがにここまでどんちゃん騒ぎになると

ずっと料理や洗い物をしていた奥さんのメディコが止めに入る。




どうやらスリコ、お酒の飲み過ぎで手術を控えているとか。。。



だから本当はほどほどにしなければいけないのに、旅行者が来ると楽しませる為にいつも無理して飲んじゃうんだって。



メディコはチャチャだけは飲まないで!と言って取り上げる。


そんなメディコは昔は超美人だったそうな。


メディコと若かりし頃のメディコ

今でも十分に可愛らしさが残ってるよね≧(´▽`)≦



料理を作ってはテーブルに運んできて

「イート!!」「イート!!」とすすめてくれる。



何か手伝おうとして立ち上がると

「シッダウン!!」「シッダウン!!」と座らせる。



何か言葉に詰まると

「ウェルカム!!」「ウェルカム!!」と場を和ませる笑



突然訪れてきた外国人に対して

なんなんだろう、このホスピタリティー。




スリコとメディコのクロス一気☆

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家

なんだかんだでスリコに飲まされてしまうメディコがまた可愛い( ´艸`)



クロス一気のあとはスリコのI Love You攻撃

「I Love You!!」

「I Love You!!」

と言ってメディコを抱き寄せるスリコ。


グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家



続いてキスを迫るスリコ。

恥ずかしがって抵抗するメディコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家



それでも諦めないスリコ。

I LOVE YOU & キス攻撃が続く笑

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


キスに成功しガッツポーズのスリコ。

照れ笑いするメディコ。

グルジアの人間世界遺産、スリコとメディコの家


この時ももちろん・・・



「サームラーーイ!!」笑





もーー

スリコもメディコも可愛すぎるでしょ!!!!!!






本当に楽しくてホッコリする宴会だったなー。




このあとスリコを含め男性陣は酔っぱらって先に寝てしまったけど

メディコと日本人老夫婦の奥さんの方は遅くまで大荒れのキッチンを片付けてたみたい・・・



本当にありがとう。



この日本人老夫婦は翌日の午前中にまだ僕が眠っている間に次の街へと旅立ってしまい、きちんと挨拶も出来ず。


飲み過ぎて午後まで寝ていた事を本当に後悔した。。。




けどね、この半年後!!

モロッコのメルズーガって言う小さな街でバッタリ再会したんだよね!!


連絡先も知らないし本当に偶然だったからそん時は本当にビックリした!

世界って広いんだか狭いんだか・・・


旅ってこれだから面白いんだよね(*^ー^)ノ





どうでしょうか~、ホッコリ、そして楽しんで頂けましたか?

これは2012年7月頃の話です。

今でもスリコとメディコは元気にしているかと思いますが、もし行こうと思っている方は事前にしっかり情報収集してくださいね。



では最後に実はスリコも超絶イケメンだったという話で終わりにしましょう☆


若かりし頃のスリコとメディコ






日本ブログ村のランキングに参加しています☆

楽しかったよ!という方は記事を読んだあとに「いいね!」みたいな感覚でポチッとクリックしてもらえると嬉しいです!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


ーーー追記2015/11/25ーーー

daiki55.com
AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

世界一周写真館さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。