ひと、旅、ロマン。 ディパーチャーズのブログ
  • 26Aug
    • ブログ移行のお知らせ

      株式会社ディパーチャーズの津田です。当社のホームページをリニューアルしました。https://tabi-departures.jp/ブログにつきましてもこちらに書いてまいりたいと思います。当社のツアーのご案内も満載でお届けします。なおアメーバブログはフォローしていただいている方もおられますので、当面の間は移行期間としてアメーバブログの方にも同じ内容でお届けしたいと思います。宜しくお願いします。

  • 03Aug
    • 宝塚大劇場に行ってきましたの画像

      宝塚大劇場に行ってきました

      株式会社ディパーチャーズの津田です。最近こちらのブログが滞って申し訳ございません。宝塚大劇場は公演関係者の体調不良が判明したことを受けて2日から4日までの公演が中止になりました。この公演のチケットを持っていた方の事や関係者の事を思うと心が痛むばかりです。今日は取り上げようかどうか迷いましたが、タカラヅカツアーをやるものとしてはタカラヅカの魅力をお届けするのも1つですので、いつも通りでお届けしたいと思います。8月1日、宝塚大劇場に行ってきました。宝塚大劇場は星組公演以来なので半年ぶりくらいになります。基本的に私が宝塚大劇場に行くときは尼崎駅からJR福知山線(宝塚線)に乗ります。乗り込んだら「歌劇」を読みながら気分を盛り上げていくのがいつものルーティンです。川西池田駅が近づいたときに、なぜかあの曲が聞きたくなりました。『青い星の上で』https://ameblo.jp/tabi-departures/entry-12600389129.html曲が終わりに近づいたころに宝塚大劇場が見えてきて、「またここに来ることができた」と思うと涙が出そうになりました。何度も来ている場所なのに・・・オープンした宝塚ホテルの前を通り、いざ大劇場へ。花組公演 ミュージカル浪漫 『はいからさんが通る』半年前に星組公演で冒頭「星組の礼真琴です」でグッと来た私。今回も同じく「花組の柚香光です」で同じくグッときちゃいました。トップスターの柚香光さんも風格感じたし、トップ娘役の華優希さんも紅緒役がハマリ役じゃないかと思いましたね。チケットや私のスケジュールの関係で花組は『邪馬台国の風』『Sante』からずっと宝塚大劇場もしくは東京宝塚劇場で見てきました。明日海りおさんが退団し、その前に鳳月杏さんが月組に組替えとか、仙名彩世さんも退団してでガラッと変わった感がありました。でも永久輝せあさんが雪組から来て、新しい風も感じました。瀬戸かずやさんや水美舞斗さんは本当に安心できる存在でもありますね。私はそんなに涙もろくはないのですが、そんなに感動して泣くようなことはないのですが、宝塚歌劇になるとどうしてでしょうか、涙が出てくるのです。もうフィナーレで1つ空席を挟んだご婦人と泣いていましたよ。いろんな想いを持ってタカラヅカに行くのですが、今回は先ほど書いたように宝塚大劇場に来ることができたことが嬉しくて、そしてこんなに素晴らしい公演が見られたことがもっと嬉しかったです。だからこそとりあえず3日間中止になったことは残念でたまらないです。今回は関係者の方に体調を壊された方がおられたという事ですが、彼らも本当に万全に万全を重ねているのです。厳戒態勢に近い中ではありますが、まずは体調を壊された関係者の方の回復をお祈りしたいです。そして早くいつも通りタカラヅカが楽しめる日を待ちたいですね。

  • 10Jul
    • 素敵な誕生日プレゼント

      株式会社ディパーチャーズの津田です。私事ですが今日7月10日は私の誕生日です。この年齢になれば嬉しいとかあまり感じなくなりましたが、1年に1回皆さん平等にやってくるのですからね。今日は宝塚大劇場花組公演 ミュージカル浪漫 『はいからさんが通る』 の宝塚友の会でのチケット当落の発表の日でした。申し込みされた方、10時に当落のメールが入っているかと思います。私もお昼休みに確認しました。すると1公演当たっているではないか申し込みした時も「当たらないだろうな」と8割方あきらめモードで申し込みしました。間違いじゃないかと何度も確認してしまいました。これはタカラヅカからの誕生日プレゼントだと思います。本当なら3月下旬に行く予定だった『はいからさんが通る』。5ヶ月くらい待ちましたが、なんとか行けることができるのは嬉しく思います。ただいつもご案内しているバスツアーは、団体のチケットが発売できないために当面はお休みさせていただく事になります。いつになったらできるのか、見通しも予想もできないのが残念です。チケットが手に入った方は、これまで待った分、宝塚大劇場で楽しみましょう。

  • 04Jul
    • 青い星の上で つづきです

      株式会社ディパーチャーズの津田です。先日のブログで柚希礼音さんの呼びかけで宝塚の歴代トップ19人がリモート合唱しました話題を取り上げました。https://ameblo.jp/tabi-departures/entry-12600389129.htmlその後ですが、大阪のMBS毎日放送で平日昼間に放送している『ちちんぷいぷい』でこの話題が取り上げられていました。YOUTUBEで知りましたので、『ちちんぷいぷい』は大阪以外では放送されていないので、なんだかうれしくなりましたね。アップしていただいた方に感謝ですね。関西で阪神阪急ホールディングスグループにあるのは関西テレビですが、阪急梅田駅に近く、梅田芸術劇場の隣にMBS毎日放送の社屋があるので、私の中ではMBS毎日放送は“阪急の放送局”というイメージがありますね。この「青い星の上で」。私自身何回も再生してみています。そして何回見ても本当に言葉にできないです。宝塚歌劇は17日に花組公演がいよいよ始まります。宝塚友の会の会員の方にとっては、6日から第2抽選方式の受付が始まります。大方のファンがここで予約をされると思います。もちろん私も・・・もし運よくチケットが取れたら・・・私は宝塚駅から花のみちを通り、宝塚大劇場に着いた瞬間に泣きそうになると思います。何度も行っているのですが、公演は毎回違うのでやはり行くたびに新鮮な気持ちになります。だけど再開後の公演はやはり特別なものがあると思いますね

  • 18Jun
    • 再開ならびに公演スケジュールの見直しについて

      株式会社ディパーチャーズの津田です。15日に発表になりました宝塚歌劇の公演の再開と公演スケジュールの見直しについて、いろいろ感じる事があると思います。だいたい私は想像していた通りでしたが、再開できる事の喜びと、多くの公演が中止になってしまった事の悲しさが渦巻いています。宝塚歌劇のツアーをやっている会社としては、今後のツアーは全て白紙になりました。7月17日から再開の宝塚大劇場花組公演は座席数も絞り込み、チケットは宝塚友の会とWEBでの一般発売のみになります。私たちはツアーで団体で宝塚歌劇さんにチケットを手配させていただいているのですが、団体受けは当面は無しになります。よって私たちのツアーは当面の間できなくなりました。状況が状況なだけに私にはどうしようもない事です。ツアーにお越しいただく方はいろいろな方がおられます。年齢層も幅広いですし、何度もお越しいただいている方や初めてお越しいただく方・・・ファン歴も本当に長い方から、最近好きになった方まで・・・タカラヅカに関しては私よりもお越しになる方の方がよくご存知だから、下手なことは言えないし(下手な事ばかり言っていますが)、私も少しでもタカラヅカの事を知りたいと思い、気づけばファンになって今に至ります。私がご案内する日は私は公演は見られないので、公演終了を待ってバスでお待ちしています。他の会社さんのツアーでお越しの方も含め、みなさん本当に最高の表情で帰って来られます。公演終了後の駐車場、もちろん宝塚駅に向かう花のみち界隈もですが、最高の幸せに満ち溢れています。私も実際に劇場で見て、皆様と同じ気分になります。これまでの何気ない生活がいかに幸せだったのか、改めてかみしめています。7月17日からの花組公演、私も宝塚友の会でチケットの申し込みはもちろんします。「取れたらいいな~」と思いますが、“激戦”を抜けてチケットを取れた方は、本当にタカラヅカを楽しんでいただきたいと思います。

  • 15Jun
    • 【緊急連絡 6月15日更新】当社のタカラヅカツアーについて

      株式会社ディパーチャーズの津田です。本日宝塚歌劇から発表がありましたが、宝塚大劇場は7月17日(金)の花組公演から再開されることになりました。再開に関しましては、またこのブログでも改めて綴りたいと思います。しかし、その為に当社で予定していました観劇バスツアーは中止させていただく事になりました。●宝塚大劇場■雪組公演 ミュージカル・シンフォニア 『f f f ―フォルティッシッシモ―』 ~歓喜に歌え!~レビュー・アラベスク 『シルクロード~盗賊と宝石~』08/11(火) 15時公演●梅田芸術劇場メインホール■花組公演 ブロードウェイ・ミュージカル 『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』08/02(日) 12時公演これまでは販売の見合わせをさせていただいておりましたが、日程変更で上記の公演は中止になりましたので、バスツアー催行も中止となりました。楽しみにされておられたお客様には申し訳ございませんが、ご理解の程宜しくお願い致します。こちらのバスツアーをお申し込みいただいた方へ・・・このあと順次お電話、もしくはメールにてご返金などのご案内のご連絡を差し上げます。宜しくお願い致します。ツアーに関しましてのお問い合わせはこちらまでお願い致します。「宝塚のバスツアー」とお申し出下さい。※事務所移転に伴いまして電話番号が変わっております。ご注意下さい。 TEL 052-734-8385 FAX 052-734-8386 MAIL takarazuka@tabi-departures.jp営業時間は平日09:30~18:00、土曜09:30~15:00、日曜祝日はお休みです。FAXとメールは24時間受け付け中です。またご希望の方には随時メールにてツアーのご案内をお送りしています。発売開始時にはブログよりも先にツアー情報を発信致します。takarazuka@tabi-departures.jp へ、件名に 「タカラヅカツアー」 と入力して送信して下さい。

  • 10Jun
    • 【歌劇】今月の表紙は珠城りょうさんの画像

      【歌劇】今月の表紙は珠城りょうさん

      株式会社ディパーチャーズの津田です。毎月5日発売の宝塚歌劇団の機関紙『歌劇』の表紙のご紹介です宝塚歌劇の公演が中止になっても、発売される以上は継続させていただきますよ~6月号の表紙は月組トップスターの珠城りょうさんです。思い返せば2月、名古屋市の御園座の月組公演 ミュージカル・ロマン『赤と黒』の公演でした。私も2年ぶりの名古屋でのタカラヅカでどれだけ嬉しかった事か。同じようなファンの方は本当にたくさんおられると思います。まさかこの公演からタカラヅカを見られなくなるとは思いもしませんでした。珠城りょうさんは来年の2月をもってトップ娘役の美園さくらさんとともに退団される旨を発表されました。しかし公演スケジュールの見直しで、退団が延期となりました。このことについてもブログ上で触れようかと思った矢先に公演中止の発表でした。珠城りょうさんは雰囲気として“優しい男性”のイメージを私は持っています。もしかしたら最近YOUTUBEの動画での言葉が物語っています。少しの思いやり、少しの決断。あなたの優しさにありがとう。みんなで心を1つに・・・STAY HOME

  • 06Jun
    • 宝塚音楽学校入学式

      株式会社ディパーチャーズの津田です。最近よく口にするのですが「本来だったら・・・」。マイナス要素な言葉になってしまい申し訳ないのですが、新型コロナウイルスの影響で例年だとこんなことしていた、あんなことをしているというような事ができないという事がいろいろと出てきています。本来ならば昨日5日は宝塚大劇場では宙組公演「アナスタシア」初日でした。宙組公演の初日になる日に宝塚音楽学校108期生の入学式が行われました。音楽学校の講堂で行うところを、今回は宝塚大劇場のロビーでの開催。2か月遅れの入学式になりました。基本的に宝塚大劇場の劇場内に入るには、このロビーを通過しますが、何度も見ている場所ですが、本当に久しぶりに目にすることができました。このロビーはファンにとっと公演の前はドキドキしながら、そして公演の後は最高の笑顔で通過する場所です。今年は異例づくしの入学式になりましたが、だからこそこの108期生は違った意味で注目されると思います。この中に未来のトップスター、トップ娘役もいることでしょう。何年か経った後、あの困難を乗り切って今ここのステージに立っている、と言える日を待ちたいと思いますね。

  • 02Jun
    • Believe

      株式会社ディパーチャーズの津田です。先日のブログで最近までジェンヌさんだった元トップスター、トップ娘役19名勢揃いの動画についてブログにしましたが、今度は89期ですね。89期と言えば現在の雪組トップスターの望海風斗さん、昨秋まで花組トップスターだった明日海りおさんに代表されます。この89期の有志が集まった動画です。私の中での89期は、私がファンになった時にはほとんどのメンバーさんが退団されていました。だからどうしても明日海さん、望海さんとなってきます。その中で私自身グッと来たのは昨年6月26日ですね。忘れもしないあの横浜アリーナの花組公演『恋スルアリーナ』です。明日海りおさんの誕生日の公演でしたが、89期のメンバーも約半分くらい集結し、半ば同窓会のような雰囲気だったようです。私は公演後の帰りの新幹線の中で何気なくスマートフォンを検索していたら見つけたのですが、本当に嬉しくなりましたね。横浜アリーナ公演についてはこのブログでもいっぱい書いていますが、生涯忘れることのない最高の時間でした。おそらくあの日横浜アリーナにいた方は同じ気分だと思います。あの横浜アリーナからもうすぐ1年。今秋には望海風斗さんが退団され、残るのは専科の凪七瑠海さんと雪組の沙月愛奈さんのみとなる予定でした。しかしこのような状況下になり望海さんの退団も延期に。この先のタカラヅカがどうなるのか分からないのですが、今度89期の皆さんが集まるときには、あの横浜アリーナの時のように笑顔で終結できることを祈りたいですね。

  • 29May
    • 青い星の上で

      株式会社ディパーチャーズの津田です。今日はご存知の方も多いと思いますが、このようなニュースがありましたね。宝塚の歴代トップ19人がリモート合唱 柚希礼音が呼びかけ、演劇ファンへhttps://news.yahoo.co.jp/articles/8a407e03d9bb27fb06c54bf90117166ed77a9763  (サンケイスポーツ)出演が●花組(元トップスター)明日海りお(元トップ娘役)蘭乃はな、花乃まりあ、仙名彩世●雪組(元トップスター)壮一帆、早霧せいな(元トップ娘役)愛加あゆ、咲妃みゆ●月組(元トップスター)龍真咲(元トップ娘役)愛希れいか●星組(元トップスター)柚希礼音、北翔海莉、紅ゆずる(元トップ娘役)夢咲ねね、妃海風、綺咲愛里●宙組(元トップスター)凰稀かなめ、朝夏まなと(元トップ娘役)実咲凜音最近までタカラジェンヌさんだったトップスター、トップ娘役がこういう形で出てきてくれたことが私は嬉しく思います。ファンに向けて、そして舞台の幕が開くのを待つ生徒さんへのメッセージとして伝わりました。あとちょうど私がファンになる前後にトップに就いた方たちですね。動いている姿を見るのが退団公演以来という方もいました。私がいろいろ書くとどうしても暗い方向になってしまうかもしれないので止めておきますが、来週からは6月です。7月1日には宝塚大劇場、東京宝塚劇場の幕が上がることを期待しましょう

  • 26May
    • スポーツ報知の記事の画像

      スポーツ報知の記事

      株式会社ディパーチャーズの津田です。24日のスポーツ報知にこんな記事がありました。【どんぐりの背比べから黄金の95期】記事はこちらから・・・【宝塚歌劇95期生の秘密】愛希れいか「マイナスをプラスにする才能」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200525-05240132-sph-ent【宝塚歌劇95期生の秘密】実咲凜音「他人をスゴイと思える素直さ」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200525-05240136-sph-ent【宝塚歌劇95期生の秘密】妃海風「偏らない考え方で冷静に行動」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200525-05240139-sph-ent記事に登場する愛希れいかさん、実咲凛音さん、妃海風さんはトップ娘役となり、現在では宝塚歌劇を卒業してまた新たな舞台で活躍されています。95期と言えばトップスターに星組の礼真琴さん、花組の柚香光さん。他にも花組の水美舞斗さん、月組の月城かなとさん、雪組の朝美絢さん、星組の瀬央ゆりあさん、宙組の桜木みなとさんなど。男役はこれからのタカラヅカを引っ張っていく存在ですね。ファン歴3年くらいの私ですが、この95期生、公演を重ねるごとにだんだん風格を感じるようになりました。そして礼真琴さん、柚香光さんが昨秋からトップに就任。礼真琴さんの星組公演は2月に宝塚大劇場で見てきましたが、「今回がトップ就任なの ずっと前からトップスターだったんじゃないの」と思ってしまうくらい素晴らしい公演でした。柚香光さんはまだトップとして宝塚大劇場の公演が始まらない状況ですが、私も3月に宝塚大劇場で楽しみにしていましたが、早く宝塚大劇場でトップスターの姿を見たいものですね。

  • 21May
    • 【宝塚GRAPH】6月号の表紙は礼真琴さんの画像

      【宝塚GRAPH】6月号の表紙は礼真琴さん

      株式会社ディパーチャーズの津田です。毎月20日発売の【宝塚GRAPH】の表紙の話題です6月号の表紙は星組トップスターの礼真琴さんです。私個人的には今年最初に宝塚大劇場に行ったのが2月の星組公演でした。幻想歌舞録 『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』Show Stars 『Ray -星の光線-』以前のブログで書きましたが、私が宝塚歌劇に興味を持ち始めた頃、3年位前ですが、宝塚カフェブレイクで礼真琴さんがゲストでした。映像に飛び込んだ礼真琴さんを見て「カッコいい」と声を出してしまいました。いよいよトップ就任してお披露目の公演でしたのですごく楽しみにしていました。もう冒頭の「本日はようこそ宝塚大劇場へお越しくださいました。星組の礼真琴です」のアナウンスでもう泣きそうになりました。この公演は2月29日から中止になり、千秋楽は何とか公演されましたが、東京宝塚劇場では未だに幕が開きません。まだご覧になっていない方には申し訳ない部分はありますが、本当に堂々としたトップスターの姿でした。そういえば礼真琴さんは仙台銘菓の『萩の月』のCMにも出演されていますね。(YOUTUBEお借りします)仙台のお土産の定番で、私も公私とも何度か仙台に行ったことがありますが、だいたいお土産に買ってきていますね。ふんわりやわらかな生地とカスタードクリームは絶品です。この公演中も私は後で知ったのですが宝塚大劇場内で販売されていましたね。カッコいい礼真琴さん、トップスターとしてこれからますます輝く姿を見せてもらいたいですね

  • 20May
    • 1年前のブログ

      株式会社ディパーチャーズの津田です。毎日本当に暗くなるようなニュースが続いています。思い返せば1年前の今日はこんな気分が高鳴るブログを書いていたのですね。いざ東京宝塚劇場へ!!昨年6月に東京宝塚劇場(宙組公演)→横浜アリーナ(花組公演)に行ってきましたが、宙組公演のチケットが手に入り、初めての東京宝塚劇場に心躍らされているときのブログです。もう1年になるのか~と思ってしまいます。

  • 19May
    • メールを登録された方へお願い

      株式会社ディパーチャーズの津田です。新型コロナウイルス国内感染拡大を受け、6月末までのすべての宝塚歌劇の公演が中止になっています。ファンの方からしましたら「早く」と願うばかりです。当社の7月以降のツアーにつきましてはただいま販売をいったん受付を中止しております。既にお申込みの方につきましては、そのままお預かりしております。●宝塚大劇場公演■宙組公演 三井住友カード ミュージカル 『アナスタシア』■雪組公演 ミュージカル・シンフォニア 『f f f ―フォルティッシッシモ―』 ~歓喜に歌え!~レビュー・アラベスク 『シルクロード~盗賊と宝石~』●宝塚歌劇 花組 梅田芸術劇場メインホール■花組公演 ブロードウェイ・ミュージカル 『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』今後の発売につきましては、宝塚歌劇の開催状況やお客様の安全を総合的に判断してご案内したいと思います。そしてお願いですが、ご希望の方には随時メールにてツアーのご案内をお送りしております。ただ最近メールをお送りしましてもエラーで戻ってくるメールも多くございます。「登録お願いしたのに届かない」という方がおられましたら、以下の方法をお願い致します。●迷惑メール対策をされている方は、『tabi-departures.jp』からのメールを受信できるよう設定してください。●お手数ですが takarazuka@tabi-departures.jp へ、件名に 「タカラヅカツアー 再」 と入力して送信して下さい。改めて登録させていただきます。1日でも早く「タカラヅカツアーやります」とお伝え出来る日が来ることを待ちましょうそして再開した時には、これまでの分も含めて最高の拍手で迎えましょう

  • 14May
    • 【歌劇】今月の表紙は真彩希帆さんの画像

      【歌劇】今月の表紙は真彩希帆さん

      株式会社ディパーチャーズの津田です。毎月5日発売の宝塚歌劇団の機関紙『歌劇』の表紙のご紹介です(遅くなりまして申し訳ありません)5月号の表紙は雪組トップ娘役の真彩希帆さんです。いつもの『歌劇』ですと、最新の公演に合わせて“座談会”があり、主な出演者と演出家の先生とのトークがありました。特に劇場に行く前、一番多いのがJR福知山線(宝塚線)の電車の中ですが、この中でこちらをもう1度読んで、気分を高鳴らせていました。とうとうこの“座談会”もなくなってしまいました。でも何とか暗い雰囲気にならないようにという事がこの本からも受け止められます。どのような形で再開されるか本当に分かりませんが(いろいろ憶測は飛び交っていますね)、ファンの今の心は「早くムラ(宝塚大劇場)に行きたい」(もしくは東京宝塚劇場ですね)。

  • 11May
    • 『チャンネル・ディパーチャーズ』新しくアップしました。

      株式会社ディパーチャーズの津田です。『チャンネル・ディパーチャーズ』、3回目の動画をアップさせました。しばらくお休みして申し訳ございませんでした。私は元気にしております。今回の動画です。とりとめのない話ばかりでごめんなさい。“タカラヅカ愛”だけはしっかりと込めています。

  • 21Apr
    • 【宝塚GRAPH】5月号の表紙は彩風咲奈さんの画像

      【宝塚GRAPH】5月号の表紙は彩風咲奈さん

      株式会社ディパーチャーズの津田です。毎月20日発売の【宝塚GRAPH】の表紙の話題です5月号の表紙は雪組の彩風咲奈さんです。最近よく使うのですが、“本来でしたら今頃は”という言葉。本来でしたら今頃は来月から始まる全国ツアー ミュージカル・ロマン 『炎のボレロ』 ネオダイナミック・ショー 『Music Revolution! -New Spirit-』は現状公演中止となりました。『炎のボレロ』は1988年の星組公演で上演されていますからもう32年前ですね。トップスターが日向薫さん、トップ娘役が南風まいさんでした。さすがに私も日向さんや南風さんのお名前は知っているのですが、この公演は映像でもまだ見たことなかったですね。『Music Revolution』は19年の雪組で宝塚と東京公演、そして望海風斗さん主演の全国ツアーで上演されました。彩風さんはこの時は別組でしたので、彩風さん主演でまた違ったステージと楽しみだった部分はありました。そしてこの雑誌の中には106期生の一覧も載っています。いよいよデビューを迎えるのですがどのような気持ちでしょうか。やはり早く…とは思うでしょうが、今はただ待つしかない状況でしょう。何だか暗い話題しかないのが現状ですが、こちらのブログはなるべく明るい話題として届けていきたいと思っています。公演中止になったら話題なくなってしまうのではないかと思った事もありましたが、いろいろ探してみたらタカラヅカの話題は満載ですね。

  • 20Apr
    • タカラヅカ・オン・デマンド

      株式会社ディパーチャーズの津田です。本来ですとこのブログを書いている4月20日夕方は宝塚大劇場花組公演の千秋楽のはずでした。トップスターの柚香光さんは、トップスターになって初めての大劇場公演を終えて、千秋楽のあいさつでどのような言葉を口にするのかという状況ですね。緊急事態宣言を受けてご自宅でお過ごしの方も多いかと思います。私も買い物以外は自宅にこもった状況です。テレビを見る時間は増えましたね~しかし先日は“失態”をやらかしてしまいました。先日のブログで書いたあなたにときめきチャージ♪スペシャル企画!。「TAKARAZUKA SKY STAGE」で17日に星組公演 『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』('19年星組・東京・千秋楽)※サヨナラショー付の放送がありました。録画予約をしていたのですが、ちゃんと録画できていなくてもう仕方ないので多分9月くらいに放送されるので、それまで待ちます。22日の花組公演 『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』『シャルム!』('19年花組・東京・千秋楽)※サヨナラショー付は間違えないようにちゃんと録画します。  「TAKARAZUKA SKY STAGE」はCS放送でご自宅によっては視聴環境が整わない方がいますが、宝塚歌劇にも動画配信サイトがありますよ~ 「タカラヅカ・オン・デマンド」です。詳しくはこちらhttps://www.tca-pictures.net/vod/私も何度かこの配信サイトでタカラヅカ楽しんでいますよ。私は年に数回新幹線や近鉄特急に乗りますが、新幹線だと東京まで約1時間30分、近鉄特急だと大阪難波まで約2時間、ちょうどいい時間です。この時間にタブレット端末で見ていますね。料金も幅はありますが1作品600~900円くらいかなと思います。こちらはいくつかの配信サイトで見られますので、こちらでもタカラヅカを楽しんでいただきたいと思いますね。早く劇場に行きたい気持ちは私もファンの皆様も一緒です。生徒さんたちも早くステージに立ちたいでしょう。24日からは106期生のお披露目も始まるはずでした。しかし今は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ意味でも、不要不急の外出を控えることですね。ここはもう我慢です。

  • 16Apr
    • 熊本地震から4年の画像

      熊本地震から4年

      株式会社ディパーチャーズの津田です。世の中は新型コロナウイルスの感染拡大の話題で持ちきりとなり、あまりニュースでは取り上げられなかったのですが、今日4月16日は熊本地震の本震から4年目の日となりました。もう2か月前、クルーズ船の船内での新型コロナウイルスの感染のニュースがあった頃ですが、当社の加入している全国旅行業協会(ANTA)主催の【第15回国内観光活性化フォーラムinくまもと】があり、参加してきました。会場が熊本城ホールでしたが、昨年12月にオープンした非常新しい施設です。2300人収容ですから、宝塚大劇場(2500人)よりは少し少ないですか。客席全体は丸い感じですので、形状としてはバウホールに近いのかな?熊本出身のものまねタレントのコロッケさんの講演もありました。やはり話が上手くて、お得意のものまねもありましたよ。翌日は1日かけて熊本県内を観光しました。まずは熊本のシンボルの熊本城。あいにく工事中で天守閣に近づく事はできません。完全に復元されるのが2037年の予定です。そして熊本県北部の山鹿市へ。豊前街道の宿場町として歴史ある商家の並ぶ町並みがあります。どこか懐かしい雰囲気が漂いました。この町並みにある「山鹿灯籠民芸館」では、国の指定伝統的工芸品の「山鹿灯籠」を展示すると共に、灯籠師の方が目の前で作品を作るところを見学できます。これは和紙でできているのですよ~静岡浅間神社ですか昨年夏に行ったところじゃないですか。(詳しくはこちらのブログを)みりおちゃんの故郷を訪ねて・・・ 8月19日更新今日は『明日海りおスペシャル』なバスツアー 9月3日更新そして熊本の大自然も。こちらは阿蘇外輪山の最高峰の大観峰です。阿蘇山と九重連山の360度の大パノラマです。そして熊本地震でニュースにも多く取り上げられた阿蘇大橋付近も立ち寄りました。とんでもない土砂崩れの規模です。自然の恐ろしさをまざまざと感じさせられました。熊本県内を移動していますと熊本城や阿蘇周辺を除き、地震の爪痕を感じる部分はあまり見受けられませんでした。約4年で確実に復興へ向かっていると感じました。宝塚歌劇団には熊本出身の生徒さんは4名いるのですが、専科トップの轟悠さん、宙組トップの真風涼帆さんは熊本出身です。特に真風さんの故郷はこの阿蘇大橋からもそんなに離れていない場所になります。昨年の「タカラヅカスペシャル2019」のライブビューイング行きましたが、冒頭でお二人で「熊本のみなさ~ん」と言ってましたね。昨年秋には宙組の全国ツアーで熊本の公演もありましたね。現在はこのような状況で緊急事態宣言が全国にまで拡大されるようなニュースがありました。このブログを書いている段階での情報です。最新情報は必ずご確認下さい。この先への不安の方が大きい世の中だからこそ、何か元気になれる話題をお届けしていきたいですね。

  • 10Apr
    • 『チャンネル・ディパーチャーズ』新しくアップしました。

      株式会社ディパーチャーズの津田です。先日始めたばかりの『チャンネル・ディパーチャーズ』。2回目の動画をアップさせました。3分にまとめるつもりが、ストップウォッチを押し忘れ6分語りました。原稿も用意せずにただ話しているのみです。テレビに出ている人、ユーチューバーさん、尊敬しますわ~