マルコス選手フィットの理由@親ばか。 | マリぱぱ(仮)

マリぱぱ(仮)

マリサポお父さん、日々の事を綴る(予定)

マルコス選手がフィットしているのは親ばかな理由からと思いたい あだちです、こんにちは。

日付が代わりましたが、8月31日のガンバ大阪戦。
この試合でもマルコス選手がゴール!再び得点ランク1位に!

 

ガンバ戦のお話はコチラから。

 

マルコス選手が今回マリノスに加入したのが初の海外でのプレー。

シーズン始動日こそ、ファンにカメハメ波をやって盛り上げたりしたマルコス選手。

 

ですが、石垣島キャンプはハードな2部練習。

環境の変化も大きい中コンディションもメンタルも落ちている時がありました。

そしてキャンプも中盤に差し掛かる頃。
疲れが見えてきている中で、マルコス選手はビブスを渡されリザーブ組に。

色々落ちてきているタイミングでのリザーブ組。
見るからに不満がありそうなクオリティ。

 

そしてミニゲームの最中、松原選手にボールを奪われ転がってファールをアピールするマルコス選手。
ファールは取られずミニゲーム続行。

その直後。
あきらかなアフターで松原選手にファールをするマルコス選手。
 

起き上がって松原選手が激怒。
マルコス選手も、その前にお前からファールしたじゃないか!という感じに、ジャージの上をめくって、

お腹のあたりを削られたアピール。

あたりが強い展開でも続行していた監督もこのシーンでは思わず大きな声でゲームをストップ。
通訳の松崎さんを交えながら、当たりが強いのと悪質なのは違う!というような事を。

 

まだ不満そうなマルコス選手と、松原選手をもう1度呼び、ボスが左腕に松原選手、右腕に松原選手を抱えこみ、

2人を仲直りさせようとします。

 

空気が張り詰めた感じの中、少しして練習終了。
扇原選手や大津選手らが松原選手やマルコス選手に声をかけたり。

練習は終わったので、この時点でファンサービス開始。

マルコス選手はまだピリピリしつつ座ってスパイクいじったり。

 

うーん、空気悪い!
と、ここで、そんな空気でもうたた寝中だった息子を抱えてファンサ待ちです。

平日なので20人もギャラリーはいない感じの中で、ひときわ目立つオレンジな服な息子。
座りながら、ピリピリしていたマルコス選手がそのオレンジな服が視界に入ってきたようです。
 

思わず笑いだしました。

息子が着ていたのは、マルコス選手が大好きなドラゴンボールのオレンジ色の修行着!

完全にピリピリモードが抜け、ファンサゾーンへ!
早速息子と一緒に笑顔で写真に写ってくれました!

まだまだうとうとしていた息子は起こされてギャン泣きしていましたが(笑)

結果として息子ファインプレー!

あのキャンプのワンシーンがあってピリピリモードから切り替え、

その後貪欲にフィットして結果を出し続けている!と親ばか解釈をしています(笑)

 

そんな石垣島キャンプの1コマのお話。


ネタはともかく、

今後もプレーやゴールパフォーマンスだけでなく、

練習でも新加入選手に積極的に接して馴染ませたり、

ガンバ戦のようにスタジアムを盛り上げてくれる事でしょう!

本編:悪魔の左足炸裂とか色々山盛り!@G大阪戦。はコチラから。