長女と二人、青学で開催中の「来たるべき世界」展を鑑賞に来た。

シンギュラリティを研究する学部の企画でアートをキャンパス内に展示、関連するワークショップ、セミナーも行われる。

 

朝食食べていなかったので、早めの時間に17号館食堂で食べていく。
この時間帯は、メニューがかなり絞り込まれていることを発見した。
ああ、カツカレー食べたかったなと思いつつ、イチナナカレーと醤油ラーメンの食券を買う。
それぞれ違うカウンターに食券を提示する必要がある。

どちらもクイックメニュー、すぐに料理が用意された。



ラーメンは典型的な醤油ラーメン、東京ラーメンでしょう。中太麺がプリプリな食感。

 

 


イチナナカレーは、口当たりマイルド、後からスパイシーさを感じる。ごはんの粒がつぶれていた。これは大量に柔らかめに炊き上げて、ジャーで保温しているからだろうと思う。こうした食感もおもしろいよね。

 

 

食べ終わる頃に、カツカレーが提供され始めた。定食もちらほらと販売開始になったけれど、まだまだこれから提供開始のメニューもあった。

 

 

青学、一般の大学で現代アートの展覧会を開催するのは初めての試みらしい。

学生はあまりギャラリースペースにやってこなかったけれど、教授、講師陣には好評だったらしい。

展示を担当したギャラリーは家の近所だったので、近所の話でも盛り上がる。

長女もギャラリーの人とおしゃべりができて楽しかったみたい。

 

 

お店:青山学院大学 学生食堂 17号館食堂

住所:東京都渋谷区渋谷4丁目4−25 7号館地下