バスキア展を見に来た。

圧倒的な展示量の2時間ほど。。。せっかくの六本木なので、ギャラリーもいくつか巡る。

もう一件、展覧会を見に行こうと思ってたのだけど、情報量が多すぎたのか、くたびれてしまった。。。

 

パンを買って帰る。


雨が降っていたけれど、傘立てとかない。ちょっとクールな対応のパン屋だと思った。


食事パン、レーズンパンと柔らかくてシェフオススメのパン、それから栗の入ったパンを買う。
なにかクリームがかかたパン、キナコが気になった。

 

 

 



キナコ、甘いパン。
クロワッサンの生地にキャラメル、コーヒーにも似た雰囲気。苦味の使い方だと思う。
クリームが濃厚、しっかりとした甘さ。
ただ、甘いものが欲しければ、ハチミツでも舐めればいい。そうではない、甘さによる満足。さすがだと思う。

レーズンたっぷり、ナッツも入ったパン。
ぎゅっとつまった感じと生地の香り。
ワインが止まらないということだったけれど、レーズンとワインってぶどうにぶどうじゃない。なんて思ってみたり。。。

栗のパンは、ゴツゴツと栗が入っている。木の実のふわっとした香りがでてくるね。

 

 

 

お店:ブリコラージュ ブレッド アンド カンパニー ベーカリー

住所:東京都港区六本木6丁目15−1 けやき坂テラス1F