夜のワークショップに参加するため、広尾にやってきた。

城南地域って、ほんと馴染みがない。。。

 

麻布ラーメンに寄る。

 

ラーメン食べてこ。
カウンターに愛すべきおっさん二人が先客、ビール飲んでるみたい。。。

食券機を見ると、醤油らーめんが800円。
千円を取り出して、読み込ませる。

下の方のボタンを見ると、セットがちょうど1000円になっている。
 

これでいいかな。
お釣りの小銭が増えるのも嫌だし。

 

問題はチャーハンセットか、カレーセットか。。。

カレーかな。


ラーメンが到着、背脂が浮いていて、チャーシュー、海苔、荒く千切りにしたネギがたっぷり。
甘いスープが後を引く。

 

 


 

 

麺の弾力、つまりはコシがよく、甘みを感じるスープをよく持ち上げる。
チャーシュー柔らかいね。

 

 



 

カウンターに設置されているもやしを調子に乗って食べてたら、辛味で舌が痺れた。
ほどほどにするべきだよね。

 

 



 

 

カレーの到着。
一口くらいだろうと高をくくっていたら、丼で出てきた。このサイズで一人前にしている店知っている。。。






一口目、カレールーの雰囲気が家庭のカレーというような印象を受けた。
ひとまず麺が伸びないようにラーメンを片付けて、カレーと向き合うことにする。

とろみが強めのカレーと思いきや、割とシャバシャバした感じ。
そして、カレールーだけと思っていた味わいが、スープによる深みがあることに気が付いた。
スープの旨み、奥行きがある。
具がゴツゴツ、ニンジンと豚肉が、特に目立ち、印象的だった。

 

 

この日のワークショップは、アート×テクノロジー。

ちょっと期待値に届いていなかった。。。

 

ラーメン食べに来る前に寄ったボルタンスキーのLifetime。

その余韻が強すぎたのかもしれない。。。

 

 

 

 

お店:麻布ラーメン 西麻布店

住所:東京都港区西麻布4丁目1−5