WEEK1:フィルムレビューの紹介 | GO!PACK!GO!

GO!PACK!GO!

NFLのグリーンベイパッカーズを応援するブログです


テーマ:

フィルムレビューをやってくれる人が増えたのでいくつか紹介します。リアルタイムでは見えない部分を理解できるとより観戦が楽しくなると思うので。

 

ランプレイでCリンズリーとLGテイラーが同じ選手をブロック。テイラーのブロックが悪くゲインできなかった。テイラーは相手の正面に入ってしまったが肩の外側を押してホールを開けるようにしなければならない

 

 

 

これもランプレイ。RGマクレイが相手の肩の外側からインサイドに押し込んでいるためにウィリアムズが走るホールが出来た

 

 

 

相手のラン。ペリーがカットブロックされたがホワイトヘッドが外側に行き過ぎたためにロングゲインを許す可能性があった。ボールキャリアーを目指して縦に動かなければいけない

 

 

 

DLウィルカーソンのラッシュは姿勢が高い。もっと低くしないと相手に押し込まれてしまう

 

 

 

相手のレッドゾーンオフェンス。狭いサイドへのパスにキングが素早く気づき反応した

 

 

 

Sブライスがショートパスにすばやく反応しパスブレイク。成長がみられる素晴らしいプレイ

 

 

 

相手のラン。ケニー・クラークがOLのブロックを受けながら逆サイドに走る相手にタックル。これは凄い

 

 

 

相手のラン。ファクレルがインサイドをケアしたためにアウトサイドががら空きに。ILB1人隊形の弊害。この隊形にするならセーフティをもっと上げなければならないと思う

 

 

 

相手のパス。ホワイトヘッドがWRアレン・ロビンソンを完璧にカバー。彼が高く評価されていることがわかるプレイ

 

 

 

CBアレグザンダーがクロッシングルートを完封。パッカーズは昨シーズンまでこのプレイにやられていたので非常に心強い

 

 

 

相手QBのスクランブル。マシューズがTEへのパスを警戒しすぎてタックルに行けず。この場合は彼がタックルに行かなければゲインされてしまう

 

 

 

 

今回はこのくらいで。評判が良ければ来週もやろうと思います。

GO!PACK!GO!

たーくんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス