宇都宮簗瀬の集合住宅 竣工写真撮影しました。 | 建築家 田口知子の日常をつづったブログ
2018-10-25 20:12:43

宇都宮簗瀬の集合住宅 竣工写真撮影しました。

テーマ:建築のしごと

9月に竣工した「宇都宮市簗瀬の集合住宅」、10月に入って貴重な快晴の日、竣工写真を撮影しました。撮影してくれたのは、ナカサ・アンド パートナーズの藤井浩司さんです。

南側駐車場から見た外観

 

中庭を囲むように建つ木造の賃貸3件+オーナー住居で構成されています。南側の駐車場、北側の大通り側2か所にエントランスがあり、庭はセキュリティーゾーンの中に入っています。

中庭の中から建物を見る。右側が」オーナー住居玄関 左が賃貸玄関。

 

建物名は「楓荘」と名付けられ、大谷石の壁にスチールの切り文字が良い雰囲気になりました。

 

家全体の色彩も、和風でありモダンでもあり、アンティークな家具が似合うオーナー住居をデザインしました。

 

庭を囲んで、どの住まいもガラス張りの広めの玄関土間があり、中庭と連続する木製建具の玄関が、親密で庭と調和した印象を作っています。開放的な1階の土間空間とは別に、2階にプライバシーの守られたリビングダイニングというメゾネット型の住まいで、開きつつ閉じる、という両方の性質が住まいには大切だと考えています。家の一部に、コミュニティーに開く場所を持つことが、今回の設計で大切にしたことでした。

オーナー住居玄関

 

賃貸住居2階のリビングダイニング 

 

中庭が日常的に行き来するための場所であり、小さなコミュニティーが育まれる場所になるように、軒下に長いベンチをしつらえ、井戸を再生し、気持よく和んでいただけるような外部空間を作りました。

軒下空間のベンチ

 

この中庭の存在が、安心できる住まいの象徴として、皆さんと一緒に育まれていくことを期待しています。

 

設計から竣工まで3年近くがかかりましたが、建て主様には辛抱強くお付き合いいただき、感謝しています。本当にありがとうございました。

 

 

 

田口知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス