中野区K邸現場レポート20170316 | 建築家 田口知子の日常をつづったブログ
2017-03-16 19:06:35

中野区K邸現場レポート20170316

テーマ:建築のしごと

今日は良いお天気でした。

事務所の近所では桜が早くも開花しています。

 

中野区K邸は、耐火ボードが貼り終わり、塗装下地を施工しています。

木造になったことで必要壁両が増えて、柱も増えて、だいぶ窓が制限されてしまいましたが、壁を2重にすることで半分だけ開口を、という小さな努力の積み重ねが意外と効果的。不思議な光の交錯を生み出す建築のボリューム感がおもしろいです。

 

 外壁は外断熱に通気胴縁をつけています。軒裏のケラバ部分は防水を密着させ裏から板金で押さえます。端部、入隅の防水は、細心の注意を払って施工しています。

地下のスタジオはコンクリートの補修と下地施工中です。

 

空間の形が現れてくると、光の存在が印象的に感じられるようになります。ちょっと傾いた壁の存在は、建築とは違い、何か別の、自然の洞窟のような特別なものを想起させる感じがします。

 

 

 

田口知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス