「足跡姫」観てきました。 | 建築家 田口知子の日常をつづったブログ
2017-02-21 20:12:19

「足跡姫」観てきました。

テーマ:日々のこと

野田秀樹の「足跡姫」を観てきました。

 

先日、東京芸術劇場で上演されている「足跡姫」観てきました。池袋の芸術劇場、できた当初は、巨大なエスカレーターが批判されたりしましたが、2013年にリニューアルされて以来、初めての訪問でしたが、とても快適で美しい、居心地の良い劇場に進化していました。設計監修には香山壽夫先生。

 

舞台は江戸時代、宮沢りえ演ずる「三・四代目出雲阿国」を主人公に、歌舞伎が生まれた時代のお話し。歌舞伎は女歌舞伎から始まったそうで、風俗的要素があったため幕府に禁止され抑圧されたため、形を変えて今のような芸能の形になったようです。

 この作品、2012年に亡くなった歌舞伎役者 中村勘三郎氏へのオマージュ、とのこと。生と死、この世とあの世をいったりきたりするような舞台でした。最後のシーンでは勘三郎さんが舞台に立っているようで思わず泣けました。

 それにしても宮沢りえさん、あまりに美しく、妖艶で、尋常ならぬ身体表現に圧倒され魅ました。

りえさんはすごい演劇人だったのだ、とあらためて彼女の才能に感動しました。

妻夫木聡や古田新太という魅力的な俳優陣も味わい深く野田秀樹のダジャレ系、アドリブも冴えてくだらないものも真剣に作り込む言葉遊びも楽しい。

 

 演劇というのは後に残らない一回きりの身体表現。瞬間にかける人たちの美しさと潔さは、自分としは憧れる圧倒的エネルギーの放出。その中に、現代の人をつかむテーマと思いを乗せられる演出家というのは、本当に尊敬します。

勘三郎さんは、肉体の芸術は何も残らないのが残念、という言葉を残されているそうですが、音楽家でも演劇人でも、その瞬間にすべてを出し切るパフォーマンスは、その凝縮したパフォーマンスは、人間が表現できる芸術の中でも、おそらくもっとも強い感動を与えられるものだし、記憶に深く残るものだなあと思います。

 

建築は長く残るけれど、ふだん、人の意識に上ることは少なく、背景だなあと・・。(笑)

 

時空が錯綜したり、生と死が本当にその場所で起きるように表現する、生の舞台の奥深さ・・。

野田秀樹はやっぱりすごい・・です。

 

田口知子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス