入院のための検査ー | ふぇれちわ日記♪

ふぇれちわ日記♪

フェレットの凛ちゃんと、チワワの旭、そして2012年10月26日に誕生した長男との日々♪

今日は、息子の再検査のために病院へ行ってきました。

生後6ヶ月から保育園に通ってる息子。
保育園に通い始めた途端、中耳炎を繰り返して、去年の2月、生後1年3ヶ月の時にに、鼓膜にチューブを入れたんです。
手術そのものは全く難しくないし、ある程度大きければ(小学生くらい?)、日帰りでちょいっと出来るのですが、
乳児のため、全身麻酔が必要になり、二泊三日の入院でしました。

で、この度、この時入れたチューブが片方だけ取れてしまって…

取れるのはまぁオッケーなんですが、
取れたあとに、鼓膜に白い塊があって、かかりつけの耳鼻科の先生は『真珠腫』だと困るから、もう一度チューブを入れてもらった総合病院で検査してもらって。とのこと。
紹介状をもらって、チューブを入れた総合病院に診察を受けに行きました。

で、診断結果、真珠腫かわからないけど、耳垢が鼓膜の内側に入り込んでる様だから、
また全身麻酔かけて、耳垢を取り除きましょう。
もう2歳過ぎたので、ついでに取れてない片方のチューブも除去しましょう、と、診断されました。

でも、診察受けたのがチューブ取れてすぐだったので、少し様子みましょう。
と、なったのです。

ここまでが先月の話。


で、今日が再検査で。
やっぱり鼓膜に白い塊があるから、詳しく見る為にも、予定通りやりましょう。
となりました。

白い塊、チューブ入れる前からあって。
チューブ入れた時に詳しく見てもらったけど、まぁ大丈夫でしょう、との診断でした。
今回は、白い塊が、大きくなったのか、未だにあるからもう一度詳しく見た方が良いのか…どっちなのかわからないけど
でも、どちらにしろ、鼓膜の内側に耳垢が入り込んでるのは良くないので、
除去してもらうことにします。


チューブ入れたあと、中耳炎を全くしなくなった息子。
チューブ取れて、鼓膜が塞がったら、
また中耳炎に繰り返す様になったらどーしよう

でも最近、調子が良ければ『チーン』ができる様になりました
鼻さえかめれば、だいぶマシになるはず!
(家では電動の鼻水吸い機使用してるけど、なにせ日中保育園にいるので…)


それにしても…

息子の入院・手術は、今月中旬。
入院の頃、妊娠10ヶ月(36週)になる
うっかり赤ちゃんが出てこないか心配
息子が入院する総合病院、小児科・産婦人科無いんだよね~。
いや、あってもどうにもならないけど
ちなみに、今、主人が腰椎椎間板ヘルニアで、
入院の付き添いを主人にお願いするのもなかなか難しい状態…
めっちゃイクメンだから、元気だったら100%主人にお願いしたのになー…。
仕事には行ってるけど、やっぱり痛いみたいで。
明日は主人が総合病院でMRIで精密検査です


話をもどして。


毎週水曜日だけ、総合病院に小児科の先生が来てくれてて、
今日は手術の為、というか全身麻酔の為の検査をしました。
検査は
・胸のレントゲン
・採血
・検尿

の3つ。
検査結果を小児科の先生が見て、手術オッケーのサインを出します。

レントゲンは、以前撮った時は私も手伝ったんですが、
今回は妊娠中の為、外で待つ様にいわれました。

採血は、小児科の先生がやってくれます。
前回もそうだったけど、小児科の先生、病院側からほったらかされているというかなんというか…。
1人でやってるんですよね。看護師さんがつかない
なので、私が息子を押さえつつ、小児科の先生がガッツリ押さえながら採血しました。
先生、上手で、針刺した時だけちょっと泣いたけど、
その後は普通にしてました。
ただ、血の量が少ないのに、検査の本数が多いから、時間がかかるかかる…。
飽きちゃって、足ブラブラさせて先生の足とか蹴るから、
せっかくいいポジションに針刺さってたのに、
ズレちゃって、途中からなかなか血が出なくなりました
血管探す為に針動かすと、痛いんだよね…。

でもまぁ、なんとか無事終了。

検尿も、オムツは外れてないけど、
おしっこして、と言えば搾り出してくれるので、難なくクリアー。


採血の結果待ちの間は、食堂でご褒美アイス
{01616D13-A184-4DE2-A803-4F593941AAC2:01}

ガッツリたべてた…。
まぁ、仕方ないよね。

1時間後ぐらいに結果が出て、小児科の先生の診察のあと、
耳鼻科の先生の診察をもう一回して、
で、入院の手続きをして終了!

本当は仕事に行きたかったけど、終わるのが遅くなったので、急遽お休みに


疲れたし、家帰ってお昼食べたら、
二人でお昼寝
息子もお疲れだった様で、グッスリ寝てます。

でもさすがにそろそろ起こさないとな~。


今日は本当に、よく頑張りました