中学三年。とうとう自我に目覚める! | 「儲かりたいなら、経理をやろう!」経営者向け経理ブログ。

「儲かりたいなら、経理をやろう!」経営者向け経理ブログ。

儲かる会社は、経理がスゴイ・・とも限りません。でも儲からない会社は確実に経理がダメです。このブログは、経理を通して会社を勝ち組にさせるためのヒントブログです。


テーマ:
こんにちは、東京都大田区の経営コンサルタント、ティーエーオフィスです。



中学二年に中国に行ってきたクソガキは、精神的に頑丈になって帰ってきました。

そして中学三年となりました。



(はっきり言って中国以上の面白い話はありませんからね?)

→ と思いましたが、18歳あたりの話もなかなかインパクトありますヨ(笑)





さて、中学三年。

普通であれば、高校受験という段取りになる、大事な時期です。




でも私は中高エスカレーターだったので、そんなのは100%対岸の火事でした。







この頃より、我が家にインターネットが導入されるわけです。







で、知っている人は知っているのですが、昔のインターネットは、電話代がかかっていました。


今でこそ、フレッツ光が月6,000円だの、ADSLが月2,000円だのと、固定料金です。






インターネットが流通しはじめたときは、そんなシステムは存在しませんでした。







そんなことを知らずに、私は夜中にインターネットをやりまくり。




インターネットが導入された月の請求額。。。15万円。









もう、スマホゲームに課金しまくった状態ですヨ、コレ(汗)




ということで、中学三年のアルバイトから天引きされることとなりました。。。








中学三年の頃のアルバイトは、社長(父)より、特別ミッション。



「会社のホームページを作れ。」というものでした。







そういうのは社員にやらせなさいよ。。。と思っていたものの、社長が一言。





「ウチのシステム部の連中に勉強させたんだが、どうも要領が悪くってな。」


「お前ら若いから、沢山頭に入るだろ?」


「ホームページ教室、会社で金出すから行ってきなさい。」






若いからってなんだヨ!(汗)







ということで、夏休み期間、会社のホームページをずーっと作っていたワケです。






昔はですね・・・ホームページ作成ソフトなんてものがろくすっぽなかったんです。

だから、WINDOWSに最初っから入ってる、アレを使うワケです。





メモ帳。





あれでホームページって作れるんですけど、プログラムを一から手打ちですよ(笑)









現代では、プログラムが解らなければググれば出てくるんですけど、当時はそんな調べ物もできるようなサイトはありませんでした。

だから、アキバへ行って辞書を購入し、それを手元に置いて作業をしていましたね~。







そして、ホームページに出す商品の画像も見栄えをよくしないといけませんから、このソフトまで使うことになりました。





フォトショップ。




今はいくらするんだか知りませんが、当時は16万円もしたソフトです。







これで画像を編集したり、小さくしたりなどなど。。。


これは余談ですが、フォトショップでは、モザイク加工をすることが可能でした。




・・と、言う事は???





逆もできるんじゃないかあーーー!?


と、モザイクを取る実験を必死で一昼夜試した事がありました。(うーん、思春期ですねェ~。)







取れませんでしたけどね!(笑)









この技術(モザイクの話ではありません。)が今まで受け継がれてきて、ホームページ作ったり、ヘッダー画像を作ったりしているわけです。



そういう意味では、この時の経験はモロに役に立っているワケですね~。








当時作ったホームページは、小さい改良を重ねて重ねて、最終的な段階になったのは、今から10年前。


私が20歳の時でした。






会社そのものは既にこの世に存在しませんが、ホームページのデータは大事にとってあります。

(ご覧になりたい方は仰って下さいね。データとしてお持ちします(笑))





1年に1度、たま~に見返すのですが、手作りの割には本当に良くできています。









男子校に通う中学三年生は、女の子とお付き合いしてみたいなぁ~と思いつつも、そんな場面は一度たりとも訪れず、そのまま男だらけの高校へ進学するのでした。






経理で勝ち組経営になる!会社の社長のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります