幼稚園の頃から、仕事をしていました。 | 「儲かりたいなら、経理をやろう!」経営者向け経理ブログ。

「儲かりたいなら、経理をやろう!」経営者向け経理ブログ。

儲かる会社は、経理がスゴイ・・とも限りません。でも儲からない会社は確実に経理がダメです。このブログは、経理を通して会社を勝ち組にさせるためのヒントブログです。


テーマ:
こんにちは、東京都大田区の経営コンサルタント、ティーエーオフィスです。





ティーエーオフィスを知って頂くために、ちょっと昔話です。

シリーズ化して参りますが、なにぶん長文なため、お暇な方と、本チャンでサービス導入を検討される方だけお読みになって頂ければよろしいと思います(笑)



今回は第一回。


製造現場の幼稚園児編です(笑)







仕事に対してはちょっとした自信のある私。






そのオオモトは、幼少の頃の経験があったからかも知れません。


私の父親は製造業を営む会社の社長。





一番良い時で、月に1億円の売上があったそうです。

(私は詳しくは知りませんが、一番良い時で社長は年収3億円あったらしいです(笑))







ウチは共働きでしたので、両親は朝10時30分に出勤をします。

いわゆる重役出勤ですが、5歳の頃の私はそれが普通だと思っていました。







暴れん坊将軍のような私は、当時大流行していたファミコンが大好き。

夏休みはファミコン合宿をするのにうってつけなワケでして、私も例外なく夏休みを楽しみにしておりました。







ところが!





フヌケている私を、父は許しません。



自宅から10km離れた、父の会社へ連れて行かれました。






そして、製造現場へ放り込まれる最悪の事態(笑)






5歳の頃の私の仕事は、ニュアンスとしては「新品のケータイについている液晶フィルムをはがす」ようなお仕事。


これを1,000個単位でやらされました。。。(苦笑)







落ち着きのない子どもでしたので、そんなのやってられるかー!と脱走。


どこから脱走情報を知ったのか、社長にとっつかまり、ビンタを食らった上に、オフィスの床に正座。(3時間コース。)




(でも冷静に考えると、脱走しても帰り道わからないんですヨ(笑))








これを週3日で、フルタイムをやらされたのが、私の人生初仕事。





日給500円ぐらいでしたか?






お昼休みには、パソコンでゲーム。

今でこそ、windowsなんて便利なものがあって、ワンクリックでゲームが起動できましたが、昔は勝手が違います。




DOSという真っ黒い画面で、ちゃんと英語のコマンドを入れて起動させるという、幼稚園児には困難な作業。





でも、ゲームをやるという一つの大きな目標に向かって、必死に学びましたヨ、起動の方法を(笑)











そのうち、現場のオッちゃん、オバちゃんに囲まれ、「ター坊」「ター坊」とマスコットキャラみたいな存在で、世間話をしながら仕事をするほどになりました。





ですが、ここでも社長が一喝。







「ムダ話をしているヒマがあったら手を動かせ!!」







ひえぇえええ~!


といった感じの、5歳の出来事でした(笑)








経理で勝ち組経営になる!会社の社長のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります