氷艷 月光の如く 2019 | 海をみていたい

海をみていたい

日常。思ったこと、メモがわりだったり、テンションあがって発信したかったり、観劇、観戦、鑑賞日記です。
濱田めぐみさん、町田樹さん、パナソニックワイルドナイツ好き、現在連日HIDEKIさんを思い出しています。
趣味は携帯写真。

ライブビューイング(TOHOシネマズ新宿)観てきました。

 
頭の片隅で気にはなっていましたが、昨年は待ちに待ったラグビーワールドカップだったので、とても余裕がありませんでした💦
ですので、こんな機会があって飛びつきました☺️
 
松本幸四郎さん(当時、市川染五郎さん)演出の氷艷があまりにも素晴らしかった

 

 

ので、演出家が代わったことでどのように創りだすのか?どのような配役で、どういう見せ方をするのか?今回の宮本亜門演出どうかな?って少し不安もありましたが、氷艷~光源氏とりまく氷上のパフォーマンス❗️良かったです。
 
キャスト!まずは、やはり髙橋大輔さん❗️
大ちゃんの演技力は期待に違わずすばらしいもので、最初の氷艷のとき、セリフがないのにセリフを物語る表現力に感銘しましたが、今回はちゃんと声に出すセリフもありましたし、なんとミュージカル風な歌も歌います。えっ⁉️それはハードルが高いんでは?の心配は無用で、そのどちらも気持ちのこもった感動的なものだったんです。ヘタなアイドルとか、有名人だから起用されたキャスティングにありがちな耳を塞ぎたくなるレベルではありません。健ちゃん(浦井健治さんがしばしば語る演技論=浦井大学)の云う芝居歌にちゃんとなっていて、胸が熱くなりました😢
町田樹先生は文字にしたり、語ることで、あれにはそう言う意味があるんだ、と、学術的な説明をしますが、髙橋大輔はダイレクトにパフォーマンスでそのシーンを物語ってくれます。それを観たら一目瞭然なんです。
共演者にも恵まれ、母である桐壷、父・帝の次の妻・藤壺に平原綾香。
平原さんは濱田めぐみさんとダブルキャスト(メリーポピンズやラブネバーダイなど)になることが多く、どうしてもめぐさんの舞台を優先してしまうので、平原さんで見たいと思ったことも、見るつもりもなかったのですがこのおとぎ話の中でしっかりと難役を演じ、役柄でもパフォーマンスでも光源氏を支え、しかも⛸靴を履いたまま通していました。
先のはじめての氷艶では歌舞伎役者もスケート靴を履いて演じていたのでそれもすごいですが、今回は、海賊・松浦役の柚希礼音さんは場面によっては少し履いていましたがスケーターではない演者たちは無理をせず、滑り止めの靴を履いて演じていました。
 
その中で、朱雀帝(ステファン・ランビエール)の母でヒール役の荒川静香さんの家来を演じる波岡一喜さん、
光源氏の親友・頭中将役福士誠治さん、
のふたりはそれぞれ荒川さんや大ちゃんとの芝居のからみも多く、スケートを普通に履いて演じていて、違和感なく好演でした。
大ちゃんをうまくひきだしたおふたり、とも言えそうです。
 
幼い朱雀を演じていた少年もきらり光っていました。
ノービスの選手、中田璃士くんが品のある朱雀を好演。
この子が大きくなったらランビエールに!
しーさまと同じくヒール役。しーさまの息子役。大ちゃんに敵対するにはランビエールクラスのドラマチックなスケーティングと存在感がなくてはなりませんでした。
 
光源氏が見初める紫にユリア・リプニツカヤ。
朱雀からも思われ囚われてしまうリプちゃん。
朱雀の策略を知り、命をかけて源氏を守る健気な紫の上、リプちゃんしょぼん
リプちゃんは体形もすっかり大人のスケーターに成長してしまいましたが、あのシンドラーのリストでも魅せた類まれな表現力で紫の上を可憐に演じました。
 
このシリーズでは圧倒的なヒールの女王となる、五輪・金メダリスト。
しーさま。一番重そうな十二単風の衣装さばきも優雅に、悪役に徹しますが、まさかのラスト…。ある意味、しー様の代名詞が、その姿で拝めます。
 
存在感がさすがの西岡さん。
 
氷上の表現力ではやはりあっこちゃんが切なくて美しい。
朱雀の妻になるものの朱雀からは大事にされない、かなしい朧月夜・鈴木明子。
 
ほかにも海賊の子分かなちゃん、村上佳菜子。かなちゃんにもセリフあります。
悪役・陰陽師に殿、織田信成。殿は悪そうに笑っている役でした。
 
 
満月に降り注ぐ雪のシーンが、現実には有り得ないんですが、すっかりその世界に入り込ませていただいているので美しいんです。
そして、そこで赤く染まる大ちゃんのラストシーン。大ちゃんの熱演が、作り上げた世界が氷上エンターテインメントとして、ディズニーオンアイスだけじゃなく、パフォーマンスとして根付いてほしい。と。強く思いました。優れたフィギュアスケーターたちのその後の場として。
 
ひとつだけ気になったのが、そこで会場に起こる拍手。
え?
そこは拍手じゃないでしょ?
だって、次の藤壺のシーンでお客さんは号泣でしょ?するでしょ?
そこに現れる(幻想の)光源氏さまに拍手でしょうが!!!??そこだけ、ライブ会場のお客さんへの違和感がありましたが、会場では違う雰囲気に包まれていたんでしょうね。映像では俯瞰で物語を全体から捉えて楽しめますが、会場ではライブならではの特別な感情がありますものね。
そして、
カーテンコールで涙でぐしゃぐしゃの大ちゃん観て、もらい泣きしそうになりました。
本当に大ちゃんのおっしゃった通り、これで終わり?まだまだ続けたい。って言葉の通り、ロングランしたらいいのに、と、思いました。もう帝劇のセンターに大ちゃんが立っている錯覚に😂落ちました。
氷上のミュージカルパフォーマンスに、拍手喝采👏
 
映画館の売店では主なキャストのポストカード12枚がセットで税込みかな、1100円でした。安い!😊
 
しかしながら場内が明るくなって客席を振り返ると、この素晴らしいライブビューイングを観ていたのは、たった数人。。。
そういう私も昨夜まで、このライブビューイングに気づいていませんでした。
今日がお休みだったから映画館の上演スケジュールを開いて、これは!!!と見つけたんです。
アナウンスされていたら、このエンターテインメント、もっと沢山の人に見てもらいたかったです。