MFZ製キャリパー細部確認①

テーマ:

先日ご案内していたMFZ製のキャリパーですが今日は私の乗る車両に取り付けと共に細部の確認やブレンボレーシングとの違いなどをみてみました。




先ずはフロントキャリパー。
40ミリピッチのレーシングキャリパーです。
左側がMFZ製。右側がブレンボ製。
形状は非常に似ています。まぁーMFZ製がブレンボ製を丸コピした物ですね。
ただ非常に精巧に出来ています。完コピにとどまらずより良くなっている感じがします。
ピストン径も同じです。




本体の重さを計りました。
MFZ製の方が結構軽いです。
MFZ製のボルトはチタン製です。





MFZ製の方が軽いですね。
ブレンボ製はチタンピストンになります。
MFZ製はアルミピストンです。





MFZ製の方がほんのちょっとだけ軽いです。
チタン製になります。





エア抜きのボルトです。
MFZ製の方がだいぶん軽いです。こちらもチタン製です。





次にリアキャリパーを。
両方にレーシングになります。
84ミリピッチで同ピストン径です。






同じように本体の重さを計りました。
MFZ製の方が軽いです。
やはり各ボルトもチタン製です。




ピストンです。
ブレンボ製はアルミピストン。
MFZ製はチタンピストン。少し高さがありぐるりと小さな穴が周囲にあけられています。
質量・素材の割にはMFZ製は軽目ですね。





写真が15枚しか載せれないので引き続き、MFZキャリパー細部確認②に続きます。