いや違う、そこはミゾオチではない。 | ★ T-YOGA Studio ★ チャレンジをチェンジに繋げるヨガスタジオ

★ T-YOGA Studio ★ チャレンジをチェンジに繋げるヨガスタジオ

 
群馬県高崎市上中居町
身体に効かせるヨガスタジオ T-YOGA Studio
オーナー・インストラクターTacacoのブログ

★ レッスンの御案内★

 2/3(月) 

10:30 初めてアナ骨®

19:15 初めてアナ骨®

 2/4(火)

10:30 ハタヨガ

19:15 アナ骨®︎LV1

 

 
アナトミック骨盤ヨガ®︎の
効果を最大限に引き出す為には
「正しいアラインメント」というのが
不可欠ですが…
 
一人ひとり手取り足取りとはいかない
グループレッスンで
 
言葉によるリードで
正しいポジションへと
導いていくには
「どこ」を「どうする」を
端的に分かりやすく
表現しなければならないですあせる
 
 
「どうする」の部分についての
悶々具合につきましては
前回チラっと書きましたが…
 
 
「どこ」ってのもね
実は難しいんですよ、これが。
 
 
みんな、同じような場所に
同じように持っている身体の部位であれば、齟齬など起きようがないと思いきや、

これまでの経験や性別、生活スタイルによって
意識の中に存在したりしなかったり…
意識の中での存在場所が人によって違っていたりするのよね。ガーン
 
 
どの人も、だいたい間違いなく
意識できるのは
視界に入るところ、とか
よく触れるところ、とか
よく動かすところ、かな。
 
ヒザ(のお皿) とか 手の指とか
ヘソ とかね。
 

 
レッスン中、頻繁に登場する「チコツ」なんかは
(日本で一番「恥骨」と言っているのはアナ骨®ティーチャーかもしれない)
女性は、ほぼ間違えないけれど
「男にチコツは無い」と言い放った紳士がおりましたしw
 
 
尾骨を骨折したことがある私にとって
「尾骨」って言われれば、
あの時の痛みと共に滝汗
お尻の奥の方に意識が向くのだけれど
そんな経験のない方々は
仙骨の出っ張りを尾骨と思ってる方、
多いですね。
 

 
正しいポジションに身体をセットする為の
ランドマークに齟齬があれば
そりゃ、アラインメントもおかしくなりますわーチーン
 
 
ということで

ポーズをとるうえで
主要なランドマークについては
 
しつこくっ
見る!
触れる(触れてもらう)!
感じる!
 
骨模型、ペアワーク、
マスキングテープやプロップスを駆使して

今後も徹底していきたいと思います!
(敬礼)
 

 
だってね
皆のランドマークが正確であれば、

アラインメントっていうのはね
 
ランドマークAとランドマークBの
高さを揃える
 
ランドマークAとランドマークBの
距離を保つ/縮める/遠ざける
 
ランドマークAとBとCの中心を
DとEの一直線上に置く

 
というように
ロジカルに簡潔に表現できるのよ。ニコ
 
 
まぁ、↑これが
わかりやすい感じる方と
もっと感覚的に表現する方が
腑に落ちる方がおりますがあせる
 

いずれにしても
ランドマーク、もう一度見直していきましょーニコ
 
 
 
---
 
画像および文書の無断転載禁止
ameblo上のリブログ機能やSNS共有機能を
使用する場合は、この限りではありません。