2015北海道ツーリング(7日目) | 晴ーレー時々・・・

晴ーレー時々・・・

バイクツーリングのことをメインに綴って行きます。


テーマ:
2015年9月10日

今年の北海道ツーリングも残すところあと2日です。
今日は、ここ、つつじ公園周辺の林道に行ってみようと思います。
先ずは、「18号林道」から山道
ツーリングマップルによると月見橋が入り口とあるので、月見橋を探しますが、それらしい橋が見当たりませんんー
しょうがないので、R39の出光スタンドのチョイ先の道を適当に入っていくことにします。
するとこの看板が


(併)という文字が気になりますが、18号林道とあるので間違いないでしょう寂笑
最初はこんな感じの2トラックの走りやすい道です。


しばらく進むと、様相が変わり、両サイドが笹薮で覆われてきます。
ほとんど車が通らないみたいですね寂笑


湯の山峠に着きました。
ツーリングマップによると峠付近は深ジャリのダートとありますが、今までの深ジャリダートと比べればかわいいもんです。そんなに走りづらくはありませんでした笑2

直進すれば「シケレベツ林道」となります。


シケレベツに行くとまたR39に出てしまうので、ここは右折して、「鍋山右林道」へ向かいます。

分岐点に標識がありました。
左に進むと目指す「鍋山右林道」です。


ただ気になる標識が・・・
延長2,630mってツーリングマップルでは11Kmとあるのに・・・・・はてな


しばらく進むと、廃道状態で、笹薮に覆われていてどれが道なのか良く分かりませんんー
鍋山左林道でD1070に出たかったのですが、、このまま進むとまた迷子になる可能性が大です汗

ここはおとなしく引き返し、「上武利林道」」からD1070へ出て、鍋山左林道へ向かってみることにします。
この林道の坂道もジャリダートですが、そんなに走りづらくはありません。
途中、アフリカツインの方とお会いしましたが、林道で会うとうれしいですね笑2


D1070を進むと、あら


通行止めですよ。
下をくぐれないことも無いけど、相当バイク寝かさないと駄目だし、一人だと心細いので此処はおとなしく「上武利林道」を引き返し、「生田本流林道」から「大山林道・ウラシマナイ林道」と進むことにします泣
戻る途中、面白そうな枝線があったのでちょっと寄り道してみます。

行き止まりのピストンでした寂笑
本当は、此処が生田原本流林道への分岐かと思って進んだんですけどね・・・・・
そうです、また間違えたのですきゃぁ~


ジャリダートを湯の山峠に向かって登っていくと、ちゃんとR242方面との標識がありました。

はい、また分岐です。

方向的には左が大山林道のはずですが、此処が大山林道と生田原本流林道の分岐で間違いが無いか一寸不安でした。
良く見るとちゃんと標識が、左が「大山林道」右が「生田原本流林道」とありますことば:ほっ


途中倒木が汗
左側から何とか行けそうでしたので、踏み越えていきましたホッ

どこから「ウラシマナイ林道」となったのか分かりませんが、D592のちかくでこんな標識が

進んできた林道が「ウラシマナイ林道」で間違いなかったのですが、右側の「武利意越林道」は例によりツーリングマップルには載ってません。標識がしっかりしているので行ってみたい気はしたのですが、ツーリングマップルを良く見ると、それらしい林道があるにはあるのですが、途中で切れてます。もしかしたらその先にもD1070へ通じる林道らしき道があるので、ひょっとするとつながっているのかもしれません。今日は行きませんが、いつか行って見たいがします本当に?

D592に出たので、「山影林道・ニイタップ林道」へ行って見たいと思います。
しかし、これも例によって発見できずんー
まずはD493のダート林道を進みました。途中で間違いに気づいたのですが、とりあえずダート区間だけでも行ってみることにし、瀬戸瀬温泉辺りから引き返し、またまた往復しましたごめん

で、それらしきわき道があったので進んでみます。

怪しくなってきました本当に?

途中、分岐があったのでそこまで戻って分岐方面へ進んでみます。
最初は広い道幅で、走りやすかったのですが、下りだしたとたんとんでもないクレパスが現れだしましたごめん

どうしようか迷ったのですが、このガレ場はちょっと私の腕では行けそうもありません。
行けたとしても、もしピストンで戻ってこなくてはならないとき、登れる自信はまったくありませんんー
此処でUターンしたのですが、案の定トラクションがかからず、後輪は空転、クレパスを脱出するのに体力を使い果たしました泣

今回はニイタップ林道あきらめます。疲れました泣
ただいまの時刻は12時50分。テン場に戻るにはまだ早いので、どうしようかツーリングマップルとにらめっこ悩
北見方面の林道へ行ってみることにしました。
R333からD103へ、途中「瑞穂林道」というのがあるみたいなので此処へ。
この林道、今までの林道とは違い、本当にフラットで走りやすい。久々走りに夢中で写真撮り忘れましたぅぅ・・・
この林道を抜けるとR333と合流します。R333からD217を経由してD682のダートへ向かいます。しかし、ここでも

脇から行けそうですが、時刻は15時。ここで手間取ると明るいうちに戻れなくなる恐れがあるし、何より今日は疲れましたほろり
ここはおとなしく引き返し、キャンプ場に戻ることにします。

本日の走行距離   278.4km


サンタカさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス