北島 達也です。
いつもありがとうございます。

【THE WORKOUT】公式メルマガQ&Aコーナーの回答をアップいたします。


Q.


■性別

男性


■年齢

42歳


■ご質問内容



筋トレをする時に、バーベルやダンベルのバーを強く握る方が良いのか?

なるべく弱く握る方が良いのか?

人によって言う事が真逆なのですが実際にはバーを強く握るのと、弱く握るのとではどちらが正解なんでしょうか?





A.

バーベル、ダンベル、マシーンのバーを


強く握るか?


弱く握るのか?


答えは使い分ける必要がある正解です。


バーを強く握るか利点は、重い物が持ち上がり易くなるの事と関節が引き締まり安定すると言うものです。


一方バーを弱く握る利点は、筋肉がストレッチし易くなる事とターゲットになる筋肉にだけピンポイントで効かせやすくなると言うものです。


つまり低重量でウォームアップする時やパンプアップの為に軽い重量で筋肉をパンパンに膨らますにはなるべくバーを弱く握る


メインセットで高重量を扱う時にはバーをしっかりと強めに握る


この使いわけが必要になります。


これを反対にしてしまうと効果が半減してしまうだけでは無く怪我にも繋がるので注意して下さい。












本日の回答が参考になったという方は「いいね!」をお願いします!





メルマガ登録するとすべてのQ&A
を日刊で欠かさず読めます。

また、バックナンバーもすべて読めます。


メルマガ登録直後に、ワークアウトの基本を
解説する特典ビデオをプレゼント中なのでメ
ルマガ登録いただくことをオススメします。

メルマガ登録はこちらから






THE WORKOUTでは、

「logical is very important」

を合言葉に論理的に正しく"結果"の出る
ワークアウト理論を発信しています。



ワークアウトは結果を出さなければ意味がない。

そう、確実にカラダが変わらなければ意味がありません。


そのために必要なものとは机上の空論では
なく実践と研鑽を伴った論理です。


世界のトップボディービルダーがもっとも重要視
していることでありわたしがもっとも伝えたい事
です。


明確な根拠、理論のある論理的なプロセスを前提とした
正しいワークアウト文化を日本に浸透させることがわた
したちの目指すところです。