北島 達也です。
いつもありがとうございます。

【THE WORKOUT】公式メルマガQ&Aコーナーの回答をアップいたします。


Q.


■性別

男性


■年齢

56歳


■ご質問種別

ワークアウト理論について


■ご質問内容

ワークアウト歴約1年間で体重80キロから63キロに落としました。身長は166センチです。

ところが、下腹部に耳たぶのような脂肪のたるみが残っています。これを消す方法を教えてください。

自分としては、もう1年位は胸・肩・背中・腕の筋肉を大きくしてから、ケトジェニックに入ろうかなと思っていますが、それで良いのでしょうか?


A.


ダイエットを急激に成功させられた場合にたまに起こる現象として体脂肪率が下がる速度に皮膚の縮みが追いつかない事があります。

この質問内容からすると、体重が17kgほど落ちているので、皮膚が余ってしまい弛んでいると考えられます。

こう言う場合にはワークアウトとダイエットを継続して数ヶ月すれば体脂肪率の減少に合わせて皮膚が縮むためスッキリしてくるでしょう。

ただし年齢的にも皮膚の縮む速度は遅くなっていると思いますので、サプリメントなどで栄養素を補ってあげる事をお勧めします。











本日の回答が参考になったという方は「いいね!」をお願いします!





メルマガ登録するとすべてのQ&A
を日刊で欠かさず読めます。

また、バックナンバーもすべて読めます。


メルマガ登録直後に、ワークアウトの基本を
解説する特典ビデオをプレゼント中なのでメ
ルマガ登録いただくことをオススメします。

メルマガ登録はこちらから






THE WORKOUTでは、

「logical is very important」

を合言葉に論理的に正しく"結果"の出る
ワークアウト理論を発信しています。



ワークアウトは結果を出さなければ意味がない。

そう、確実にカラダが変わらなければ意味がありません。


そのために必要なものとは机上の空論では
なく実践と研鑽を伴った論理です。


世界のトップボディービルダーがもっとも重要視
していることでありわたしがもっとも伝えたい事
です。


明確な根拠、理論のある論理的なプロセスを前提とした
正しいワークアウト文化を日本に浸透させることがわた
したちの目指すところです。