北島 達也です。
いつもありがとうございます。

【THE WORKOUT】公式メルマガQ&Aコーナーの回答をアップいたします。


Q.


■性別

男性

■年齢

34歳


ご質問種別

その他の質問

■ご質問内容



北島先生、こんにちはご質問させて頂きます。


風邪や体調が悪いときのワークアウトについてですが、以前に風邪を引いたときにワークアウトして、体調も気分もすっきりしました。


よく風邪などを引いたときは体温を上げた方がよいと聞きますが、体調が悪いときのワークアウトは悪化させてしまうだけなのでしょうか?

まずは回復に専念するべきでしょうか?


宜しく御願い致します。





A.


なんとなくダルくて調子が悪い、風邪っぽいからジムに行くのを辞めようと思ってたけどいざワークアウトを始めたら調子が良くなり元気になったと言う経験をした人は多いかも知れません。


しかしワークアウトをして体調が良くなったとしたら、それは風邪では無くストレスにより体調が良く無かった可能性は高いでしょう何故ならワークアウトとは、筋肉にダメージを与え筋肉の成長を期待するものなのでもし風邪をひいていたり熱が高かい時にワークアウトをしてしまうと筋肉がダメージを受けすぎてカタボリック状態に陥り筋肉が成長するどころか一気に小さくなる可能性すらあります。


ですから風邪や高熱の時はワークアウトを休み、早く回復するために終息をとるべきです。



 











本日の回答が参考になったという方は「いいね!」をお願いします!





メルマガ登録するとすべてのQ&A
を日刊で欠かさず読めます。

また、バックナンバーもすべて読めます。


メルマガ登録直後に、ワークアウトの基本を
解説する特典ビデオをプレゼント中なのでメ
ルマガ登録いただくことをオススメします。

メルマガ登録はこちらから






THE WORKOUTでは、

「logical is very important」

を合言葉に論理的に正しく"結果"の出る
ワークアウト理論を発信しています。



ワークアウトは結果を出さなければ意味がない。

そう、確実にカラダが変わらなければ意味がありません。


そのために必要なものとは机上の空論では
なく実践と研鑽を伴った論理です。


世界のトップボディービルダーがもっとも重要視
していることでありわたしがもっとも伝えたい事
です。


明確な根拠、理論のある論理的なプロセスを前提とした
正しいワークアウト文化を日本に浸透させることがわた
したちの目指すところです。