ギャルを卒業したガール。働く女たち。 | 「本を食べる!?」
2006-02-08 08:38:54

ギャルを卒業したガール。働く女たち。

テーマ:小説
奥田 英朗
ガール

奥田英朗の新作である。


ギャルを卒業したガールたちのお話。


みんな30を過ぎた働く女だ。


帯には堂々と、「30代、OL、文句ある?」の文面。


帯の裏には、この本を読んだときの効能まで書かれている。


ワーキングマザーがいたり、いつまでも若い格好の女性がいたり、旦那より稼ぐ妻がいたり、一回り違う男に恋してしまう上司がいたり・・・・・。いろんな30女が描かれている。


この作品は、数人の女性がそれぞれの話を進めていく形の短編小説なのだが、そのどれもが爽快感に満ちているのがいい。


奥田英朗の独特の描写で、おもしろおかしく話が書かれている。


30代OL、崖っぷちって固定観念がふっとんでしまうのだ。


僕には、30代の女性の悩みなんて分からないけれど、その悩みを絶妙に描けている小説ではないかと思う。男性の僕ですら、共感抱いてしまうのだから、女性が読まれたらさらに共感するに違いないだろう。


と、思った。


年をとり、回りも変化していき、結婚を考えたり、子育てを羨んだり、いろいろ思い悩むことはあるかもしれないが、それでも「働く女」を忘れない、譲らない姿は、「カッコイイ」と思えてしまうものがあった。

t-products-honshokuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス